ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ニコニコ動画で投稿中、【ゆっくり監督はギラヴァンツを有名にしたい】の投稿者が動画作成の裏話から好きな話まで何でも徒然なときに綴ります。

動画連携企画!早朝の横浜の街並みを写真で撮ったのでまとめてみた。

こんばんは、ぎらりょうです。

 

さて早速このブログ新企画始動。

ブログで知ってもらっている方には

恐らく伝わっていないだろうこと。

それは、私が動画投稿者であること。

 

まあ基本コチラはギラヴァンツ北九州

観戦にっきを上げてるので、

そちらのイメージが強いですよね。

今後はこちらのブログに動画の補完を

目的とした記事も書いていこうと

思いますので、ぜひ動画も見てもらえると

嬉しいです!

 

・・・まあ、動画の方はオタ活メインの

ノリなので、好みが合えばよろしくですw

 

てことで早速本題へ。

今回のタイアップ動画はこちら。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm35005954

今、ニコニコ動画をメインに盛り上がりを

魅せている、

通称「RTA(リアル登山アタック)」動画。

私ぎらりょうも実は投稿しておりまして。

この動画では横浜にある「フランス山

という名称の山(山?)に登る動画を

投稿しました。

 

その中で使用した写真、

動画だけではなかなか見えない部分も多いと

感じていましたので、今回よりブログにて

よりはっきりとしたものを見てもらおう!

ということで始めていこうと思います。

 

まずはこの写真。

f:id:giraryo:20190421205108j:plain

山下公園からこのフランス山に繋がる

陸橋の看板を撮った写真。

本当横浜はこういう名前をさらっと

つけることができて本当に裏山。

ちなみにフランス山は「港の見える丘公園

という公園の敷地内にありますが、

ここの開園は朝7時。

僕がここに来たのは朝6時半。

はい、そのため山下公園前マックで

時間をつぶすというもう二度はないだろう

時間のつぶし方をしました。

まあそのことで一生寄る機会がなかった

場所のマックに行けたんだし、

何かの縁なんでしょう。

皆さんはしっかり時間を確認しようね!

 

つづいてこちら。

f:id:giraryo:20190421205121j:plain

港を見下ろす広場に掲げられた信号旗。

これだけでもすごく風情があって

いいのですが、その下の案内板。

f:id:giraryo:20190421205142j:plain

なんと、ジブリ映画『コクリコ坂から

のモデルとなった旗だそうです。

まだその作品は見れてないですが、

まさかの聖地巡礼でテンション爆上がり。

ちなみにこの旗の意味ですが、

「安全な航行を祈る」

とのこと。

このような意味を持つ旗が港からも見える

丘の上にあることに凄くエモを感じます。

 

そしてその丘からの眺めです。

f:id:giraryo:20190421211513j:plain

港の見える丘公園

という名前を裏切らない、

素晴らしい眺めでした。

この光景を入り口から10分足らずで

見ることができるのですから、

ほんのちょっとした運動ついでに行く

ということが出来るとてもいい場所だと

思いました。

 

山(山?)の写真はここまでなのですが、

この日、朝(というか深夜)から横浜の街を

うろついていたので、その時に撮った写真も

一緒に公開します。

 

まずはこれ。

f:id:giraryo:20190421205209j:plain

今回宿泊地にしていた関内の駅周辺。

流石都会、写真を撮っていたのは深夜4時

くらいにもかかわらず人も車も

普通に動いています。

といってもピークと比べるとかなり少なく、

その静けさこそが好きなぼくとしては

ちょうどいいコンディションで街めぐりが

出来ました。

 

つづいてこちら。

f:id:giraryo:20190421205224j:plain

ここも本来なら多数の人が歩き回る

桜木町の駅周辺。

それでもこの時間なら車もまばら。

こういう普段は人がいっぱいいるところが、

人っ子一人いないような時間に歩き回るのが

とても好き!という同志はいるでしょうか?

いたら酒を酌み交わしたいですね。

 

つづいてこちら。

f:id:giraryo:20190421205325j:plain

赤レンガ倉庫付近から撮った、

ランドマークタワーを筆頭にした

これぞみなとみらい!という建物を

ほぼ一通り写真に収めたもの。

この場所を探すのにリアル10分ぐらい

かけて場所の調整をしてました。

 

つぎはこれ。

f:id:giraryo:20190421205354j:plain

f:id:giraryo:20190421205405j:plain

その写真ポイントのすぐ近くに泊まっていた

海保の「あきつしま」という船。

これも普段なら(以下略)

ちょうど日が昇る少し前なので、

船自体からも光が漏れているという

凄くいい状態を撮れました。

やはりこんな間近で船を見ることが

出来るのは港町の大きな魅力ですね。

 

そしてそして。

f:id:giraryo:20190421205252j:plain

f:id:giraryo:20190421205422j:plain

f:id:giraryo:20190421205458j:plain

f:id:giraryo:20190421205514j:plain

やっと登場赤レンガ倉庫。

普段なら写真を撮るのも一苦労なここも

早朝なら楽々撮影。

朝焼けを背景に黒いシルエットで写る

倉庫のなんと凛々しいことか。

人が多いと撮りにくいアングルの写真も

たくさん撮れて本当に満足でした。

 

そして最後に。

f:id:giraryo:20190421205550j:plain

港町を照らす、日の出。

太陽から海を伝って伸びる光の道が

本当に美しかった。

 

で、本当にオマケなんですが。

f:id:giraryo:20190421205704j:plain

今回、羽田~北九州空港

スターフライヤーさんを使ったんですが、

本当に良かった。

人が多い羽田空港でもスルスル荷物を預けて

保安検査もすぐにパス。

会社独自の保安検査場があり、

行先も多くはないので、これが逆に時間を

かけず飛行機に乗ることが出来るのです。

もちろん機内もすごく快適でした。

みんなもスターフライヤー、使おう!

 

てことで余計なことも書きましたが、

今回の山行(山?)、手軽に楽しめて本当に

良かったと思います。

 

今後もこのように記事を上げるつもりです

ので、ぜひともお楽しみに。

では、次の記事でお会いしましょー!

【ギラヴァンツ北九州観戦記】RE:Start.~4/13 2019シーズンJ3第4節VSアスルクラロ沼津~

こんにちは。

完★敗

ぎらりょうです。

 

これが、「負け」、か。

久々の感覚ですねぇ。

タイピングする手が重み。

 

でも去年はこれがずっと。

今年はこれが初めて。

それだけでも去年の比じゃないですね。

 

さてさて試合前位からふりかえり。

今シーズン初のナイトゲーム

わたくしは午前仕事して小倉来て遊んで

それからスタジアムへ行くというプラン。

これが楽しいのナ。

ギラヴァンツユニフォームを着て街を徘徊。

そしたら

「あっ今日ギラヴァンツの試合なんだ」

って声が聞こえてくるんですよ。

これ見てるサポーターさん、

試合前はユニフォーム着て街歩きましょ。

多分サポーターが出来るクラブの支援の

最たるものだと思います。

それに生まれ育った街の意外な面を見つける

ことが出来るかもしれませんよ。

 

さてさてそんなことしつつスタジアムへ。

連勝は途切れたとはいえ未だ無敗。

やっぱり勝てる!というのは観客数にも

表れるんだなという客入り。

f:id:giraryo:20190414211902j:plain

J3では最多、J2でも十分な4500人の動員。
アウェイの沼津さんが50~100人として、

純粋な北九州のお客さんだけで4000人を

超える人数が土曜の楽しみにギラヴァンツ

選んでくれるようになっているのは本当に

大きな前進だとは思います。

これがもっと増えるように!!

いつの日かスタジアム全体が黄色に染まる

のが日常になる日までどんどん増えてほしい

と思います。

 

・・・じゃあ、試合を振り返りましょうか。

スタメンは最近のレギュラーメンバー

気温もちょうどよく(試合開始時)、

ギラヴァンツのホーム。

コンディション的には恐らくこちらが有利。

そんな状況でキックオフ。

f:id:giraryo:20190414212318j:plain

そんな大方の予想が悪い方に外れた前半。

といってもこの状況の伏線は試合開始すぐに

始まったと思います。

試合開始後すぐに沼津さんはギラヴァンツ

左サイドをメインに攻撃を展開。

この位置、それはSBの新井選手の場所。

新井選手が本当に素晴らしい質のボールを

ゴール前に入れてくれるのはギラヴァンツ

サポーターはもう存じていると思います。

そう、その位置から重点的に攻撃をされると

新井選手は前に行けない。

そうなると脅威を与える選択肢が減る。

そして中央から突破しようとするも

そこで絡め取られる。

そういう流れから段々とポジション取りが

上手くいかなくなったのかなと素人目線。

f:id:giraryo:20190414212931j:plain

ポジション取りが悪くなるとセカンドボール

も取れなくなってくる。

これも全体のデータで見れば五分五分である

のかもしれないですが、見てる感じだと今回

ゴールキックからのリスタートが相手に

とられてしまっているイメージが強かった。

f:id:giraryo:20190414213113j:plain

今回の失点はそういうポジションの悪さが

招いてしまった状況なのかな、と思いつつ。

1失点目、正直あれファールか?という

疑問はあるんですけど今回の判定は厳しめ

だったのとあの位置に侵入された時点で

かなりの大ピンチなので遅かれ早かれ

失点してしまったのかもしれないですね。


【公式】ゴール動画:藤嵜 智貴(沼津)12分 ギラヴァンツ北九州vsアスルクラロ沼津 明治安田生命J3リーグ 第6節 2019/4/13

苦手のセットプレーでの失点で

リードを許す展開に。

それでもまだ始まって10分。

まだまだ時間はある。

そう思っていたんですが、今回はゴールが、

いや、シュートまでが遠かった。

スタッツとしてはギラヴァンツが勝っては

いるのですが、そんな印象は持てないくらい

シュートを打てた感覚がない。

決定機まで行けないという状況に。

 

そんな中の2失点目。


【公式】ゴール動画:岡 佳樹(沼津)25分 ギラヴァンツ北九州vsアスルクラロ沼津 明治安田生命J3リーグ 第6節 2019/4/13

これはクリアボールが不運な方向に飛んで

いってしまった、そんな失点でした。

ですけど、それも普段なら誰かしらボールを

ケアできる選手がいることが多いのに、

この場面、実は誰も満足に受けられる選手が

いないことが分かります。

そうなると後ろにクリアしてコーナーに

逃げるか、とにかく前に飛ばすか。

そういう選択しかなかったと思います。

ですが後ろは相手選手が走り込んでる。

前の味方にも相手選手が付いている。

そうなるとなるべく前に飛ばすしかない。

そのボールが不運にも飛ばなかった。

そしてそれを前がフリーの相手選手の元に

飛んで行ってしまった。

その結果、失点。

確かに不運という要素はあるものの、

よく見るとそこに至る原因が出てきます。

試合終了後はこれを考えられなかったですが

1日経って改めて見てみるとそういう点に

気付くことが出来ました。

推しチームのそういう所を見るのはある種

辛いですが、面白くもあります(ドMか?)

f:id:giraryo:20190414213212j:plain

まあ逆に考えると素人の自分でもこういう

考え方が出来るので、それこそコーチ陣の

皆様はさらに深い分析をされていると

確信しているので(これまでの成績から)、

次節はどう修正されているのか、

そういう所に注視してみるのも面白そう。

 

さてさて試合に戻りますが。

戻ります??

この後は中々立て直せず、その間に完全な

決定機が何度も訪れギリギリ失点せず。

後半選手交代などで打開しようとするも

今回の試合では修正できず、試合終了。

ギラヴァンツ、今シーズン初の敗北。

f:id:giraryo:20190414211700j:plain

 

さあ、ここまでひっさびさに悪いことばかり

書いてしまいましたが、ちゃんといい事も。

まずは選手の姿勢。

昨年を覚えている方は分かってもらえると

思いますが、昨年の状況だと2失点目の

時点で選手のほとんどが肩を落とし、GKの

高橋選手が後ろから檄を何とか飛ばすけども

更に失点を重ねてしまうというのが何度も

ありましたね。

ですが今回、2失点目の後に起きたのは

全選手が集まってしっかり話し合い、

そして試合再開をしたこと。

f:id:giraryo:20190414211417j:plain

これは選手のモチベーションや姿勢が

明らかに好転していることが端的に表れた

すごくいいシーンだと思います。

今回は結果までつながらなかったですが、

この姿勢が続くなら例えまた同じ状況に

なったとしても見ている側も失望せず、

選手を信じることが出来ると思います。

そしてもうひとつ。

これは試合後のことです。

試合終了後、喜びに沸く沼津サポーター。

そこに挨拶に行くギラヴァンツの選手たち。

そんな選手へギラヴァンツコールで応えて

くれた沼津サポーター。

そしてその後。

ゴール裏を含む会場全体からお礼の拍手。

なんといえばいいか、ラグビーでいう

ノーサイドの精神がこの場所を通して

北九州の地に根差し始めているんだという

実感が湧いたすごくうれしいシーンでした。

ギラヴァンツ北九州という媒体は、

単純にサッカーを楽しむだけではない、

色々な力を育む場所としても価値が

生まれ始めている。

そう実感できる素晴らしい瞬間でした。

 

なおこのシーン、沼津サポーターさんは

勝利のチャントを歌おうとしていましたが

選手が来るのに気付くとすぐにチャントを

止めて選手の挨拶をしっかり見届け、

拍手をしたのち北九州コール。

昨年の試合でも観戦を楽しむ姿に色々と

学ばせていただきましたが、

今年も素晴らしい姿勢を見せていただけて、

本当に尊敬しています。

 

最後に、今シーズン初の敗北ということで

なかなかタイピングが進みませんでしたが、

実際に書き出してみれば、悲観だけでない

色々な視点が見つかりました。

これから秋田・群馬・讃岐・熊本と強敵が

続きますが、このチームなら再び私たちを

歓喜に導いてくれると思います。

次はゴールデンウィーク終盤の5月5日。

スタジアムで、会いましょう!

f:id:giraryo:20190414211530j:plain


【公式】ハイライト:ギラヴァンツ北九州vsアスルクラロ沼津 明治安田生命J3リーグ 第6節 2019/4/13

https://www.giravanz.jp/game/live_2019041308.html#sc0

【ギラヴァンツ北九州観戦記】技術と気持ち、二つの力で掴み取った勝利。~3/31 2019シーズンJ3第4節VS SC相模原~

こんばんは!!!!
ぎらりょうです!!!!
びっくりマークが4つ!!!!

だって素晴らしき4連勝!!!!

今日はこの語尾のままで進めます!!!!

 

なわけない。

普通に見づらいわい。

てことで通常運転に戻りますがやはり勝利は

格別ですね。

特に今日のような戦術同士のぶつかり合いで

勝利を挙げたというのがとてもいい!!!!

ということで早速今日の試合を

振り返っていきましょう。

f:id:giraryo:20190331234027j:plain

今回は去年数回来てくれたサッカー経験者の

友人と共に観戦。

ちなみに彼、いつの間にかギラヴァンツ

試合を毎試合見てるわyoutubeの練習風景の

動画も見てるわ新人選手の経歴も映像つきで

見てるわとあれ君スカウト?ってくらい

ドハマりされてました。
なお彼博多の方出身なのでアビスパさんの

近況にoh……となっていましたはい。

まあそんな彼からも

「今年のギラヴァンツは明らかに強くなった」

というお褒めの言葉をいただきました。

やったぜ。

f:id:giraryo:20190331234056j:plain

f:id:giraryo:20190331234100j:plain

f:id:giraryo:20190331234104j:plain
そんな彼と今日意見があったのは

「「ジョン・ガブリエルが怖い」」

ということ。

相模原の背番号9、身長も高く技術も持つ

素晴らしい選手。

なぜ今年もJ3にいるの彼?

そんな疑問が出るくらいクオリティが高い

選手です。

もちろん怖いのはその選手単体、

というわけではなく、彼を含めて体格の違い

が大きいということ。

ギラヴァンツの選手と相模原の選手の違いは

そこが一番大きいものでした。

それは相模原もしっかり承知しているようで

試合開始からその体格差を活かして後方から

前線のガブリエル選手へのロングフィード

そしてそれだけでなく空いたスペースへ

襲い掛かり、そこへ針を通すロングパスを

使ってギラヴァンツサイドを揺さぶります。

 

しかし。

しかししかし。

我らギラヴァンツが無策で臨むと思うたか。

 

そんな思いがはっきり見えたのが、先制点。

身長差があり、普通のキックではチャンスに

しづらいコーナーキック

そのコーナーキックで狙ったのが、

身長を使われない一番手前から狙うという

しっかり対策されたやり方。

それを100点のボールで供給した國分選手。

そのボールを120点のヘディングでゴールに

飛ばした加藤選手。


【公式】ゴール動画:加藤 弘堅(北九州)28分 ギラヴァンツ北九州vsSC相模原 明治安田生命J3リーグ 第4節 2019/3/31

計算され、狙い澄ました攻撃が実を結んだ

先制点、こんなに気持ちいいものは久々!

何がうれしいって、得点に至るまでに

しっかり対策対処含めた思考の結果を

感じることが出来るゴールだったこと。

スポーツというものはどうしても

「運」

が絡む要素っていうものを除外することは

できないものです。

だから全くうまくいかないときでもゴールは

するし、勝利もする。

でもこれって「勝ちに不思議の勝ちあり」

と某野球監督が言われた格言の通りでして、

なぜできたか?という再現性が薄いもの。

そんな中今回の先制点は相手の特徴を把握し、

そこに自チームの特徴を加味、一番可能性が

高い方法を全メンバーの意思統一の元に

実行するというプロセスがしっかり見えた

得点でした。

これが出来るのは本当に大きい。

だからビジョンでゴールシーンが

映し出されたあの瞬間のカタルシス

今日一番の衝撃となりました。

f:id:giraryo:20190331234500j:plain

そんな素晴らしいゴールを決めた後も全く

油断が出来なかったのが今日の相模原。

後半に入るとFWを下げてMFを追加。

例のガブリエル選手がワントップという

形にしてきます。

これも怖いもので、元々一人でも決定機を

作り出せる彼がボールを収め、後ろから

MF陣がどんどん攻撃参加してくる。

たとえ跳ね返してもそのセカンドボールを

拾って攻撃を続けることが出来る布陣に

してきたのはとても恐怖でした。

f:id:giraryo:20190331234548j:plain

その影響か相手のコーナーキック、さらには

ゴール付近のスローイングはロングスロー

という徹底的な空中戦からの攻撃を浴びせて

ギラヴァンツゴールを脅かします。

そんな中でも圧倒的に安定感が増したDF陣

に守護神高橋選手の最後方陣が最後の所で

得点を許しません。

 

しかし、ついに均衡が破れます。

もはやコーナーキックと同じレベルで

ゴールを脅かすロングスロー。

ペナルティエリア内にいるガブリエル選手

へのボールを、なんとノールックの

バックヘッドでゴールへ流し込んだのは、

彼の潜在能力の高さ、そして相模原の戦術

が実を結んだ瞬間だったと思います。


【公式】ゴール動画:ジョン ガブリエル(相模原)86分 ギラヴァンツ北九州vsSC相模原 明治安田生命J3リーグ 第4節 2019/3/31

ギラヴァンツ北九州、今季初失点。

しかも残り10分を切ったところ。

ペースも相模原に握られていた状況。

一瞬去年までのことがフラッシュバックを

頭の中でし始めていた時の、あの瞬間。


【公式】ゴール動画:佐藤 颯汰(北九州)87分 ギラヴァンツ北九州vsSC相模原 明治安田生命J3リーグ 第4節 2019/3/31

抜け出した佐藤選手がワンタッチで浮かせた

ボールは空高く舞い上がり、

一刹那の静寂の後、この日一番の歓声を呼ぶ

ゴールが決まりました。

f:id:giraryo:20190331234630j:plain

ギラヴァンツ北九州、同点後の初プレーで

勝ち越し!!!!

練習から息が合っていたという加藤選手の

パスに一瞬の判断とまさに気持ちのこもった

右足があの瞬間の流れをひっくり返します。

 

それでもあきらめずに攻撃を仕掛けてくる

相模原、本当に最後の最後まで胆が冷える

恐ろしい攻撃を繰り出してきました。

 

ですが、それを守りきったギラヴァンツ

クラブタイ記録の4連勝を勝ち取りました!

f:id:giraryo:20190331234803j:plain

もう本当に嬉しい。

ただその一言が言えるのがまた嬉しい。

今までとは違うリードを追い付かれるという

苦しい展開でも誰一人下を向かず、

そして勝ち越してなお緩めず手にした勝利。

まだ今シーズンは始まったばかりですが、

そのシーズンの中でも大きな山場であろう

この試合を最高の形で締め括ることができた

このチームの将来は明るい。

そう確信できる最高の勝利でした。

f:id:giraryo:20190331234828j:plain

次回は4月13日。

圧倒的な攻撃力を誇るアスルクラロ沼津

強敵が続きますがこのチームなら心から

良かったと言わせてくれる試合をしてくれる

ことでしょう。

そんな彼らの背中を少しでも押し、支え、

その先に素晴らしい結果が待っていることを

願い、そろそろ締めたいと思います。

また次回の更新でお会いしましょう!!!!


【公式】ハイライト:ギラヴァンツ北九州vsSC相模原 明治安田生命J3リーグ 第4節 2019/3/31

 

https://www.giravanz.jp/game/live_2019033108.html#sc6

【ギラヴァンツ北九州観戦記】雨降って地固まった!新生ギラヴァンツの船出。~3/10 2019シーズンJ3第1節VS FC東京U-23~

こんばんは!

ぎらりょうです。

 

さあ、待ちに待ったJ3開幕戦!

我らがギラヴァンツ北九州の新しい船出!

f:id:giraryo:20190310230955j:plain

・・・が、まさかの雨・・・

ミクスタ晴れスタジアム伝説早速の躓き。

 

ま、まあある意味例年と違う?という所が

天候から現れているんじゃない?という

無理矢理なプラス思考にしつつスタンドへ。

f:id:giraryo:20190310231427j:plain

素晴らしい(語彙力デバフ)

めっちゃ雨降ってるのに全然濡れない。

本陸の頃を考えると本当凄いところまで

来たんだなぁ・・・と改めて感じつつ。

そう思いつつ通りがかったら、

目に入った、これ。

f:id:giraryo:20190310231453j:plain

f:id:giraryo:20190310231455j:plain

めっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ

美味かった!!!!!!!!!!!!!!!

 

もうすごいですよ、タコって噛み応えがある

海産物ってイメージだったんですよ。

で、しっかり噛まないと噛み切れないという

イメージも一緒に持ったわけなんですが。

これがすっっっっっごく軟らかいの!!!!

もう自分の中でタコの概念が変わりました。

次のホーム戦、絶対これ食べてほしいです!

 

・・・と新たなスタグルに舌鼓してたら

もうキックオフの時間。

雨で濡れない席でちゃんと座れる場所・・・

と探していたら割とはじめましての2階席。

この席の視点もまた乙なもので。

選手との距離感が近いというのが強みの

ミクスタなんですけど、ピッチに近く、

なおかつ視点が高いと本当よく選手の動きが

見える見える。

だから思うのが

「選手って空にドローン飛ばしてんの??」

と思うようなパスを通しちゃうからやっぱり

プロって凄いわと改めて実感することが

できると思います。

 

てことで前置きが長くなりましたが、

いよいよ2019シーズンのキックオフ。

f:id:giraryo:20190310231530j:plain

キックオフ前、多分全サポーターがびっくり

するような光景を見たでしょう。

円陣が終わった瞬間選手全員がポジションへ

ダッシュして移動。

この僅か5秒程度の出来事でしたが、

これだけで今年のギラヴァンツは何かが

確実に変わった。

そう実感した方も多いと思います。

 

そして試合開始。

もう、何と言えばいいんでしょう。

去年までと動きが全く違う。

相手ボールになっても慌ててない。

それどころか機を見てしっかりボールカット

して相手に攻撃をさせない。

自ボールの時の動きも全く違う。

相手に囲まれても焦ったパスはめっきり

減ったのが見てる側からも分かるほど。

 

そして昨年は一部の技術ある選手しかしない

ヒールパスやドリブル突破を皆がチャレンジ

して、そしてかなりの確率で成功させる。

まるで全員が同じ視点を共有しているかの

ように安易なパスミスをせず、さらに嫌な

ところにランを行い相手を揺さぶる。

これが「仕込む」ということか・・・

という感動がキックオフ後すぐからずっと

続きます。

f:id:giraryo:20190310231637j:plain

なんと表現すればいいか分からない感動を

覚えながら見ていた前半10分。

茂選手からのパスに抜け出した池元選手。

ゴール前を見続けてあげたふわっとした

クロスに反応したのは新戦力“レレ”

www.youtube.com

ギラヴァンツ北九州J3初年度から頑張り

続けた選手から、北九州を背負い続けてきた

エース、そして期待の新戦力という繋がりで

今までの戦いが実を結んだかのような

素晴らしいゴールで先制点を上げます!

このゴールパフォほんとすこすこのすこ

 

もう本当この瞬間ですでに泣きかけました笑

あんなに苦しんであんなに決定力を欠いた

ギラヴァンツ北九州がしっかりした流れの中

早々に先制点をあげたということが

本当にうれしかった。

f:id:giraryo:20190310232047j:plain

そして先制点をあげたギラヴァンツはその後

テンポを崩さずプレーを続けます。

その原動力となったのはやはり新戦力。

先制点をあげたディサロ(以下:愛称レレ)は

去年ダヴィやフェホという助っ人選手に

求めた前線での収まりと空中戦という仕事を

すばらしいレベルでこなしていきます。

 

同じく素晴らしいのは左サイド新井選手。

f:id:giraryo:20190310232147j:plain

新井選手も今年入団の大卒新人。

しかし大学時代からアシスト職人として

力を発揮していた姿を今日僕たちにしっかり

見せつけてくれました。

左サイドから精度のいいクロスが次々

あがるので、攻撃の質自体も大きく

向上したと感じました。

 

もちろん新人選手だけではありません。

既存選手もそれぞれの役割を存分に発揮して

チームを優勢に導きます。

特にダブルボランチの加藤選手と川上選手。

相手が攻撃に乗り始める前にピッシャリと

ボールカットし攻撃をシャットダウン。

ファールにならない正統タックルで

ことごとく相手のチャンスを封じていきます。

f:id:giraryo:20190310232321j:plain

そして前後半それぞれ一度だけでしたが、

被決定機を食らいますが、それを止めたのが

守護神、高橋選手。

一点リードの中で訪れた2度のピンチを

完璧なセービングで封じた高橋選手が

今回の焼肉龍園賞に選ばれたのも不思議

ではないことをプレーで表したと思います。

f:id:giraryo:20190310232410j:plain

 

一方で課題も。

前半こそ素晴らしいゲーム運びでしたが、

後半は相手リズムで攻撃を受け続ける時間が

続きました。

高橋選手はじめしっかり守ったことで失点は

しなかったですが、どうしても相手の時間が

増えると失点リスクも上がってしまう。

そこは試合後も監督が気にしていたようで、

次の試合にどんな修正が加えられるのか、

それが楽しみです。

(こんな楽しみができるなんて・・・泣)

 

ですがこの苦しい時間で失点しなかったのが

終盤再びギラヴァンツの時間を作ります。

ゴール前でレレがファールを受け、

絶好の位置でFK。

誰が蹴るかを予想させない新井選手の

狙い澄ましたキックは、惜しくもバーに

阻まれました。

f:id:giraryo:20190310232511j:plain

それでも最後まで走り続けるギラヴァンツ

レレは足が攣るくらいの走りを見せ、交代。

そして交代出場した國分選手が一仕事。

相手のパスミスから前線へ。

サイドへ流れた町野選手のクロスをひとりが

つぶれて後ろの國分選手へ。

初出場で交代すぐという状況にもかかわらず

冷静にゴール左へ流し込みました。

www.youtube.com

f:id:giraryo:20190310232623j:plain

この写真2点目すぐなんですけど

この時点で監督は大きな声とジェスチャー

選手に指示してますね。

時間的にもかなり勝利の可能性が高い

時間帯ですが、最後まで気を抜かせない

コーチングがすばらしい。

 

ギラヴァンツ北九州、終盤に大きすぎる

追加点を上げます。

そして最後まで走り続け、タイムアップ。

f:id:giraryo:20190310232653j:plain

新生ギラヴァンツ、大事な初戦を勝利という

素晴らしい結果で船出を迎えました!

 

もう本当に最高。

この瞬間があるから応援はやめられない。

去年が苦しかったからこそ、感動も大きい。

f:id:giraryo:20190310232753j:plain

実に半年ぶりくらいの勝利のジャンプ!

この瞬間が一度でも多く訪れますように。

そう願いながら・・・

祝杯を上げました。笑

勝利のビールは本当に美味しかった。笑

天ぷらふそうさん、ごちそうさまでした。

さあ、次は3/31。

去年の戦いで失望した!と感じた方も。

もう一回だけ、信じてみませんか。

ぜひ、スタジアムでお待ちしています。

ではまた次の投稿で!

f:id:giraryo:20190310232838j:plain

 

★おまけ★

f:id:giraryo:20190310233028j:plain

帰り際、あんなにどんよりしていた空に

一筋の青空が見えました。

今まで本当に苦しかったけど、これからは

逆襲の時、そう天が告げたのかもですね。

まさに今!ギラヴァンツ北九州を応援する絶好のタイミングである3つの理由。

こんばんは!
この記事を開いたということは、

ほんの少しでもギラヴァンツ北九州

興味を持ってくれている方だと思います。

 

だけど、ギラヴァンツって弱いよね??

 

Jリーグの三軍??

えっ、じゃあいいや・・・

 

はい、ちょっとお待ちを。

実はこのタイミングでこの記事を見た貴方、

とても運がいい。

 

なぜなら今こそ、ギラヴァンツ北九州

応援するのに最高のタイミングなんです!!

 

でも三軍で最下位だったんでしょ??

 

サッカー興味ないし・・・

 

うんうん、分かります。

でも、それで離れちゃうのはもったいない。

今から3つの理由をお伝えします。

そこから何か一つでもピン!!と来たら。

ならばぜひ一度スタジアムに行きましょ。

もしかしたら貴方の世界を広げるきっかけに

なるかもしれません。

f:id:giraryo:20190309233624j:plain

ではここまで見てくださった皆様のために。

3つの理由を、お話します。

 

 

1.今はドン底!!

ひとつめ。

おいぎらりょう、本当に布教する気ある??

いやいや、これ重要なんです。

 

我らギラヴァンツ北九州

ほんの数年前まで日本サッカー最高峰、

J1リーグに行く争いの中にいるくらい

強かったんです。

そんな流れもあり、北九州市の中心地である

小倉駅の北口徒歩5分に新しいスタジアム!

f:id:giraryo:20180325124045j:plain

──そんな熱狂の日々が、急に変わる。

新スタジアム完成直前、まさかのJ2最下位。

それも前年7位からの大失速。

まさかの事態に、サポーターも愕然。

 

──なんとしても、戻らねば。

そう意識したJ3一年目。

ホームでは勝てる。

でも、相手のフィールドで勝てない。

そんな日々が続き、タイムアップ。

終わってみればJ3の9位。

 

──今年こそ、今年こそ。

実績のある監督の招聘、有力選手の獲得。

流石に今年は上がらないと。

結果、J3最下位。

天皇杯では大学チームに敗北し、県予選敗退。

もうどうすればいいのか。

先が全く見えなくなった2018年。

 

おい、本当にこれ応援記事か????

 

大丈夫、ここからサビです。

 

ギラヴァンツ北九州について知らなかった

方も、ここまででどれほど悲惨な状況か

少し理解できたと思います。

 

でも、だからこそ。

今がまさに正念場でありJリーグのドン底。

だからこそ、これからが楽しいんです。

 

何言ってんだこいつ。

 

そう思った方もいるでしょう。

そう、ドン底なんです、今。

ドン底なら、ここから先は全て上。

燃えるじゃないですか。

少年漫画も真っ青のアツい展開なんです。

 

マンガで言えば、ライバルに負けて失意の

主人公、そんな彼に救世主が。

ちょうど今年が、その回なんです。

 

その救世主こそ今年から監督の小林伸二監督。

www.giravanz.jp

監督として4度のJ1昇格を達成する

「昇格請負人」という異名がぴったりの

経歴の持ち主。

そのうち3度は初昇格、残る一度は名門を

復活させる昇格。

そんな監督にクラブは全権を委任する形で

チームを託しました。

それに合わせてか、新入団選手も大学や

高校で活躍した選手が多く入団。

ベテラン選手の活躍と期待の若手を育成で

数年単位での未来図が描かれ始めました。

 

まさに少年漫画の修業編。

ここから上にのし上がるカタルシス

最高に楽しめるのはまさに今年からです!!

 

2.あの球団の追体験が出来る!

この流れから2つ目の理由を。

あれこの流れ、どこか覚えがあるような。

そんなことを思った福岡県民、朗報です。

そう、まさにホークスの軌跡をなぞるかの

ような流れなんです。

球団移転、福岡ドーム完成も成績が低迷。

嫌な事件もあったホークス、

その後王貞治はじめ優秀なコーチ陣により

数々の名選手が生まれ、そして頂点へと

上り詰めたサクセスストーリーを初めから

見ることができる大チャンスの1年なのです。

 

井口・松中・城島・小久保の超火力。

斉藤・杉内・和田・新垣などの大黒柱。

生え抜き選手がどんどん活躍していった

あの熱狂を今度は北九州で楽しめるかも

しれません!
(にしても今見てもこのメンバー凄いな)

 

ギラヴァンツ北九州もこの下地はあるんです。

前述した新卒選手たちはもちのろんですが、

前々から所属している選手もアツい。

(こっから僕の好きな選手の推し文)

まずトリックスターの体現者、川島大地選手

f:id:giraryo:20190309232845j:plain

まずイケメン、カッコいい。

そしてプレーがお洒落。

堅守速攻がメインだったこのチームの中で

貴重な技術メインの選手。

彼のプレーはぜひ目の前で見てもらいたい!

そう自信を持ってお勧めできる選手です。

 

次に行橋が生んだ守護神、中山開帆選手

f:id:giraryo:20190309232913j:plain

まずイケメン、カッコいい(天丼)

現在チームには去年の大部分をスタメンで

出場した高橋拓也選手というGKがいます。

しかし、中山選手は昨年の終盤から

スタメンに選ばれ始め、今年はなんと

背番号1を任せられることとなりました。

彼の持ち味は186cmという恵まれた体格。

彼の大きさは最後の砦としてたくましさを

感じさせます。

そんな彼、昨年引退した山岸範宏さんという

川口さん・楢崎さんと同時期にJの第一線で

活躍した大GKのひとりである方から

様々なことを吸収していると感じてました。

大ベテランから薫陶を受けた若手GKの成長、

こんなに燃える展開を引っ提げて今年に臨む

中山選手に要注目です!!

 

そして最後に。

彼を紹介しないわけにはいかないです。

北九州のスター、池元友樹選手。

f:id:giraryo:20190309233542j:plain

まずはイケm(以下略)

北九州で生まれ、名門東福岡高校で活躍。

卒業後すぐになんとアルゼンチンのクラブで

キャリアを始めます。

帰国後はギラヴァンツ北九州の前身、

ニューウェーブ北九州に入団。

26試合27ゴールという1試合1ゴール超の

活躍でチームを牽引。

その後柏レイソルFC岐阜横浜FC

数々のクラブを渡り歩き、再び北九州へ。

J2在籍時も中心選手としてチームを牽引。

その活躍が認められJ1昇格の松本山雅へ。

そしてJ3に沈んだチームにおいても

献身的なプレーでサポーターの心を

掴み続ける、まさに北九州の顔。

彼もまたマンガのような経歴の選手ですが、

実際にプレーを見たら貴方も虜です。

ぜひスタジアムで虜になってください!

 

3.“非日常”を楽しめる!

そして最後に推したい理由がこれ。

これって今なの?

今なんです。

だって明日開幕だもの。

 

普段、外で叫びますか?

叫ぶって方、職質に気を付けてね。

野球を見る人は分かるはず、

スタジアムという場所は普段できないことを

全力で楽しめる場所なんです。

綺麗な青空、もしくは満天の星空の元で飲む

ビールの美味さ、そして酔いが起こす

普段以上の興奮、そして失望と歓喜

f:id:giraryo:20190309234031j:plain

これは実際に体験したらもう病み付きに

なってしまうかもしれないです。

 

もちろん酔いだけじゃないです。

最前列に座って選手がぶつかり合う生の音を

聞くのも一興。

スタンド最上部からサッカーの戦術を考える

こともまた一興。

ゴール裏で声の限り叫び、飛び跳ね、選手を

後押しするのもまたよき。

 

スタジアムという場所では本当に様々な

楽しみ方が待っています。

そしてゴールが決まり、試合に勝ったとき。

心の底から喜びを表していい場所。

それこそがスタジアムなんです。

f:id:giraryo:20180922153404j:plain

サッカーは詳しくなくていい。

ゴールに近いときだけ盛り上がったっていい。

友達とスタンドで飲み食いして、盛り上がる

ところだけつまみ食いだっていいんです。

少なくともギラヴァンツ北九州のスタジアム

ではその楽しみ方が出来ます。

変わり映えしない、そんな日常に飽きたら。

いつでもスタジアムの門をくぐっておいで。

僕は大歓迎です!!!!!

 

長々と書いてきましたが、最後にこれだけ。

今現時点でギラヴァンツ北九州

良いイメージを持てていない方も多いと

思います。

でも、これでも7年目のサポーター歴。

そんな自分が今年は違う年になるだろう。

そう期待できる流れがあります。

だからこそ衝動的にこの記事を書きました。

 

もし、この内容で1か所でも。

何かが心に触れる部分があれば。

ぜひ一緒にスタジアムで楽しみましょう。

明日、3/10(日)14:00。

これから始まるサクセスストーリーの始まり

を一緒に見届けましょう。

 

では、次はスタジアムで!!!!!

Aimer『I beg you』が良すぎたので衝動的にブログ書きました。

皆様、あけましておめでとうございます。

そして、お久しぶりでございます。
ぎらりょうです。

 

普段はサッカー観戦記事が多い

このブログですが、今回は異色作。

 

ちょうど一日前に公開開始した映画、

Fate/stay night [Heaven’s Feel]

Ⅱ.lost butterfly

www.fate-sn.com

この映画の主題歌、

『I beg you』(歌:Aimer、作曲:梶浦由記)

が新年早々心にぶっ刺さりまして、

この感動をどうにか形に残したいという

衝動がこの記事を書いた理由となります。

 

語る前にまず皆様に聴いてもらいましょう。

www.youtube.com

どうでしょうか、この禍々しいメロディ。

歌い出しもイントロなしからの重い歌詞。

その後の歌詞内容も一言、「重い」。

これがこの曲の最初の印象だと思います。

 

そこでこの曲が表現したキャラクターに

ついて、少しだけ解説を。

この曲のモデルとなった女性キャラ、

間桐桜

彼女は映画で自分の内面から滲み出てくる

「狂気」に次第に飲み込まれていきます。

それでも、平穏な日々を続けたい。

それが彼女の願いでした。ですが───

というのがこの映画での彼女。

 

この前知識を持って曲に戻りましょう。

‹あわれみを下さい›から始まる歌詞。

それはこれまでの人生、全てを壊され続けた

間桐桜という存在が発する想い。

その想いが‹泥だらけの手を取ってね›という

歌詞を皮切りにおどろおどろしい内容に

変わり、また伴奏も一気に混沌とします。

Fateシリーズを知らない方にお伝えすると

この「泥」というのが物語のキーのひとつ

であり、ここを曲の変わり目にした梶浦さん

すげぇ……とこの記事を書いてる途中に

気付いてしまいました。カジウラサンスゲェ

 

ここから先の歌詞はこの曲だけでもちょっと

背筋が寒くなるような内容ですが、映画を

見た後に聴くと毎回ヒエッと思わず声が出る程

具体的な描写が目に浮かぶようになります。

 

そんな中にも彼女・間桐桜の奥底にある想い

が浮かんでは狂気の歌詞に沈んでいきます。

 

そしてここからがこの記事のサビです。

狂気の宴のような歌詞が続き、2番の最後。

‹愛だけが残ればいい›という歌詞から

曲の雰囲気が一変します。

脳の感動を司る中枢に直撃するような哀しく、

しかし意志を感じさせるストリングスの響き。

ここからあの恐怖を感じさせるメロディから

強い想いを持った前向きなメロディが流れ、

その想いを代弁するかのようなエレキギター

のソロパート。

まさに「狂気の中で必死にもがく間桐桜」を

これ以上なく最高の表現で表した

素晴らしいパートだと思います。

カジウラサンスゲェ

 

しかし、そんな逆襲パートも長くは続かず。

‹やがてキラキラ夢の中›、高い声と低い声の

オクターブユニゾンであの狂気に引きずり

戻されてしまいます。

これが悲しいほど今作の間桐桜を表していて

鳥肌が立ちつつ凄いと思わされました。

そしてラストは再び伴奏なしで‹愛してる›。

映画を観る前でもストーリー性を感じさせる

いい曲だと思っていました。

実際間桐桜というキャラクターを知る自分は

彼女にマッチしたいい曲だと思ってました。

 

しかし、映画を見てから改めてみると歌詞の

一言ですら意味合いが恐ろしく変わっていく、

と、いうよりもレンズのピントが合うと書く

方がより近いかな。

見えたり見えなかったりした狂気の実像が

鮮明に見えてしまうのです。

 

それでも僕はこの曲が本当に好きです。

それはやはり2番後の間奏→Cパートという

部分の存在。これが大きい。

狂気一色ではない、その中で必死にもがく

間桐桜の姿を音楽だけで完璧に表現された

この曲が本当に好きなんです。

 

そして映画を見た後に感じた、

「あの2時間の内容を5分で表しきった」

という感動。

こればかりは実際に映画を見ないと

分からない部分と思います。

でもこの感動はぜひ体験してほしい。

 

だからこの記事見てFate初めて知った

という方は是非追ってほしいと思います。

映画単体だとシリーズ続き物なので説明が

省かれてしまった部分も多いので、

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

という2014年に放送されたTVアニメ版の

作品を見れば世界観も分かっていいかと。

 

最後ちょっと勧誘活動をしちゃいましたが、

とにかく『I beg you』はいいぞ。

ということを伝えたかったこの記事。

少しでも僕が味わった感動を感じて

もらえたらとてもうれしいです。

 

ではおしまいに曲名の意味を。

「I beg you:懇願する」

 

それでは、今年もよろしくお願いします。

f:id:giraryo:20190113010757j:plain

【ギラヴァンツ北九州観戦記】雨の中、進化した姿を見せた逆転劇。~9/8 2018 J3リーグ22節VSカターレ富山~

こんにちは。

試合直前更新がデフォになってきた

ぎらりょうです。

 

今回は久々!

雨のミクスタで行われたカターレ富山との

一戦について。

f:id:giraryo:20180922152704j:plain

今シーズン、というよりスタジアム完成から

続けてきたバックスタンドでの観戦ですが、

ついに、嗚呼ついに終焉の時。

 

流石に降り続く雨の中試合を見る修業は

本城陸上競技場の時にたっぷりと

味わいましたし、なによりカメラが死ぬ。

 

ということで初のゴール裏からの観戦を

やってみることに。

するとそれが大当たり。

f:id:giraryo:20180922152515j:plain

f:id:giraryo:20180922152523j:plain

f:id:giraryo:20180922152536j:plain

f:id:giraryo:20180922152552j:plain

普段とは違う角度から見るサッカー、

これが面白い。

攻撃の際に選手がどのような順番で

上ってくるか、そしてどのように

相手選手を外してフリーになろうとするか。

横から見るサッカーとはまた違う楽しみ方が

そこにはありました。

 

せっかく今シーズンはバックスタンドと

ゴール裏が同席ですし、前半後半などで

座る位置を変えてみるのも

楽しいかもしれないですね。

 

さあそして試合の方なんですが、

正直苦しい流れが続きました。

今シーズン初めてスタメンを勝ち取った

フェホ選手、そしてそこに向けて放たれる

前線へのボール。

ですがこれがなかなか収まらない。

f:id:giraryo:20180922152629j:plain

やはり前線で収まれば攻撃も安定しますが

逆に収まらない場合は決定機にもなかなか

持ち込めなくなります。

そんな中でシャドーの位置から井上選手など

飛び出しによるチャンス構築を行います。

f:id:giraryo:20180922152750j:plain

f:id:giraryo:20180922152818j:plain

f:id:giraryo:20180922152826j:plain

両者譲らず前半は0-0。

そして死闘の後半へ。

 

後半、先手を打たれたのは北九州でした。

右サイドに展開されゴール前へクロス。

キーパーも動けないコースに流れたボールが

相手の11番に届いてしまいます。

 

0-1

 

先制点を決められるという、

負けが多いチームには本当苦しい展開。

 

それでも勝利の女神がほんの少し悪戯。

先制点の3分後、ギラヴァンツ右サイド

野口選手がペナルティエリア右で奮闘。

ボールを失わず井上選手へ。

f:id:giraryo:20180922152903j:plain

そして井上選手からゴール前フェホ選手へ

カーブをかけたクロス。

そのボールはフェホ選手には届きません。

届きませんでしたが、ゴールマウスへ。

そして、揺れるゴールネット。

www.youtube.com

1-1。

ギラヴァンツ、幸運を味方につけたゴールで

試合を振り出しに戻します。

 

もちろんゴール自体は幸運ですけど、

そうなった環境としては存在自体が驚異の

フェホ選手、ゴールに向かって曲がる

相手キーパーとしても嫌なボールを選択し

蹴り切った井上選手など、

幸運一辺倒ではないことだけは

付け加えておきますね。

 

さてそんな先制された状況では一番ベストな

展開になったギラヴァンツ

しかし、そんな勝利の女神の悪戯を

サッカーの神様は見逃さず、

同等の試練を与えに来ました。

それがフェホ選手の退場。

相手選手との競り合いの中でひじを出し、

それを主審に見られ御用。

もともと前半ではシミュレーションで一枚

イエローカードを貰っていたフェホ選手。

そんな状況での危険な接触プレーが決定的な

退場理由となってしまいました。

 

同点には追いついたものの一人少なく、

その上前線での攻撃を方向付ける選手の

退場は大きなものでした。

この状況に笠をかけて攻撃を仕掛ける富山。

何度も何度も失点間際の危ない状況が

続いてしまいます。

f:id:giraryo:20180922153022j:plain

f:id:giraryo:20180922153034j:plain

僕個人としてはせめて失点せず引き分けで

終えられるのがベストではないか、という

ちょっと弱気な考えになっていきます。

 

それはここ数年「逆転劇」というものを

なかなかギラヴァンツは上映できていない。

そのような勝ちのビジョンが描きにくい

状況が続いていたのです。

 

そんな中での選手交代、入ってきたのは

背番号8、安藤選手。

f:id:giraryo:20180922153126j:plain

豊富な運動量と鋭いシュート。

疲れがたまっているであろう後半に

入ってくる選手としてはこれほど嫌な選手は

いないだろうという選手交代でした。

 

そして事実安藤選手が入ってからの北九州は

一人少ないという状況にもかかわらず、

再び攻撃できるようになっていきます。

f:id:giraryo:20180922153243j:plain

f:id:giraryo:20180922153251j:plain

 

そして、その時が訪れます。

 

左サイド、交代の安藤選手が粘ってからの

流れからクロス、それをゴール前前田選手が

シュートするも相手キーパーのビッグセーブ

によりコーナーキックへ。

f:id:giraryo:20180922153650j:plain

このシュートの影響で沸くスタジアムの中で

蹴られたコーナーキックが、勝負を決めます。

ファーサイドへ蹴られたボールを折り返し、

こぼれたボールの前にいたキャプテンは

右足を振り抜き、ゴール裏へ駆け出しました。

f:id:giraryo:20180922153346j:plain

www.youtube.com

2-1。

ギラヴァンツ北九州、一人少ないという

本当に苦しい状況の中、ついに逆転に成功。

f:id:giraryo:20180922153404j:plain

その後の相手の攻撃も封じ切り、

今シーズン初の逆転勝利を飾りました。

雨が降る中一人少ない中での逆転勝利。

これはチームが生まれ変わっていっていると

思うには十分すぎる結果でした。

このいい流れを保ったまま、

まずは今シーズン残りのホーム戦全勝利、

そして来たるべきJ2復帰へと突っ走って

ほしいと思えた試合でした!

f:id:giraryo:20180922153528j:plain

f:id:giraryo:20180922153539j:plain

f:id:giraryo:20180922153550j:plain

f:id:giraryo:20180922153612j:plain

www.youtube.com

www.giravanz.jp