ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ニコニコ動画で投稿中、【ゆっくり監督はギラヴァンツを有名にしたい】の投稿者が動画作成の裏話から好きな話まで何でも徒然なときに綴ります。

【ギラヴァンツ北九州観戦記】苦しい敗戦、大きなショックと将来への糧。~9/9 2017年J3第21節VS福島ユナイテッドFC戦~

こんばんは、ぎらりょうです。

うむ、やはり負けた後は中々筆が進まない。泣

とは言ってもやはりこんな日こそスタジアムの

事を知りたい方は多いはず。

ということで今節を振り返っていきますよー!

 

 

まずは試合・・・の前に一つ。

今日の試合、1階コンコースにある出展が。

それがこちら。

f:id:giraryo:20170910201403j:plain

 

そう、同じ小倉駅北口エリアにある

『北九州漫画ミュージアム』さん、

今年で4回目になる出展ですが、

今年からはいよいよご近所さんに。

f:id:giraryo:20170910201508j:plain

f:id:giraryo:20170910201518j:plain

f:id:giraryo:20170910201521j:plain

 

 

にしてもいろんな展示があって面白かったです!

選手、監督の好きな漫画、サッカー漫画、

それに北九州出身の漫画家さんの作品など・・・

ゴール裏さん、銀河鉄道999宇宙戦艦ヤマト

シティーハンターの曲でチャント作りません?

 

そして嬉しいのはこの企画は漫画ミュージアムの

中でも行われていまして、選手の意外な一面を

見ることができるいい企画でした!

漫画ミュージアムは小倉駅北口すぐの

あるあるcity6階!

みんなも行こう!(集中線)

 

◆北九州漫画ミュージアムホームページ

http://www.ktqmm.jp/

 

と、いうことで試合前からテンション上がりつつ、

いよいよ試合の方へ。

 

 1.押した前半、一瞬の隙。

今日の試合、いつもとは違うことが一つ。

それは今回、友人と一緒に観戦したこと!

しかも彼はサッカー経験者!

色々話を聞きながらの観戦は本当面白かった!

何が面白いって、何気ないプレーでも

経験者だから分かる話を聞けることなんです。

例えばキーパーの話。

ゴールキックの時、逆回転をしながら飛んでいく

ボールは質のいいボールで、

逆にライナー性のボールは早いけど、

代わりにボールに触れると痛いからあんまり

競り合いたくない笑というプレーしていないと

分からない話を聞きながら実際のプレーを見ると

面白さが倍増しますね、割と本気で。

 

あと広めたいのがこの写真。

f:id:giraryo:20170910202151j:plain

 

最近流行ってますよね、インスタ映え。

そう、ここミクスタではそんなインスタに

乗せても大丈夫、それどころかむしろ

最高の写真が撮り放題でインスタ界の

スターにだってなれるかもしれないぞ!

インスタ愛好家の諸君、ぜひミクスタへ!

(注:筆者はインスタやってませんハイ)

 

ちなみに話をしながらサッカーを見る弊害が

たった一つだけ。

写 真 を 取 り 損 ね る

すっかり話に夢中でシャッターチャンスを

撮り逃すという失態・・・笑

色々と慣れが必要ですね(^ω^) 

 

そんなわけで、キックオフ。

f:id:giraryo:20170910202947j:plain

 

そして開始早々大チャンス。

左サイドで展開した池元選手がロングシュート!

し か し

僅かに上、ポストに直撃し跳ね返されます。

それでもギラヴァンツの攻勢は続き、チャンスを

増やします。

コーナーキックのチャンスでは逆サイドに抜けた

井上選手のボレー!

し か し

ここは相手GKのビッグセーブにより得点できず。

それでも相手にチャンスを作らせず、

試合はギラヴァンツペースで進みます。

f:id:giraryo:20170910203039j:plain

 

しかし、段々と雲行きが怪しくなっていきます。

まず、MF安藤選手が相手との接触でケガ。

プレー続行不可能となり、川島選手と急遽交代。

その時点から攻撃が止まるようになります。

その要因は、攻撃後のセカンドボールが取れない。

そして、空中戦で段々勝てなくなっていったこと。

そんな状況が続き、段々と攻撃に移れない状態が

長引き、前半もロスタイムへ。

f:id:giraryo:20170910203202j:plain

 

「後半修正しないときついね。」

そう友人と話していたタイミング、その目の前で

あのゴールは生まれてしまいました。

www.youtube.com

 

浮き球のパスを胸でトラップ、素早く反転し

ボールがバウンドする前にボレーでシュート。

その軌道を真後ろから見た瞬間、

「あっ、やられた。」

二人してそう感じ取ったほどに綺麗な軌道。

こちらのシュートはポストに当たり、ゴール。

0-1

ギラヴァンツ、前半終了間際に痛い失点。

後半立て直さないと厳しい、そう思わせる

前半の終わり方でした。

 

 2.苦しむ後半、将来の糧。

苦しい前半終了の空気を変えてほしい。

そう思いながら入った後半。

やはり立ち上がりはギラヴァンツ

相手DFラインが素早く上下するので、

それを逆手に裏へ抜け出そうとするプレーが

多くなります。

f:id:giraryo:20170910203253j:plain

 

しかし、福島DF陣の守備は素晴らしく、

抜け出したとしてもオフサイドの網に掛けられ、

チャンスを作れません。

ギラヴァンツは早い段階で選手を交代。

茂選手、そして内藤選手と攻撃の軸になる選手を

投入し流れを何とか引き寄せようとします。

f:id:giraryo:20170910203335j:plain

 

しかし試合巧者は福島の方でした。

DFラインでのボールカット、それを空きがちに

なっていたギラヴァンツの右サイドへ徹底的に

ボールを出していきます。

それにより前半は高かったギラヴァンツ

DFラインを下げざるを得なくなり、

やはりボールが繋がらなくなっていきます。

前線ではセカンドボールが取れず、

中盤では空中戦で勝てない。

そうなると攻撃に移ることすらままならない。

そうやって刻一刻と試合終了の時間が迫ります。

f:id:giraryo:20170910203418j:plain

 

それでも攻撃を続けるギラヴァンツ

サポーターも声援で背中を押します。

チャンスが生まれるたびに大きくなる声援。

この雰囲気は声が反響しやすい新スタならではの

強みになったと思います。

f:id:giraryo:20170910203515j:plain

 

しかしその声・その思いは届かず、タイムアップ。

ギラヴァンツ、再びのホーム敗戦。

3連勝がかかり、なおかつ複数得点無失点の

いい流れの中での敗戦にスタジアムも重い空気。

 

そんな中一番に観客のもとへ向かう二人の選手。

f:id:giraryo:20170910203557j:plain

一人は北九州のゴールを守り続ける守護神。

f:id:giraryo:20170910203753j:plain

そしてもう一人は北九州を背負うエース。

 

そんな二人の背中から感じる悔しさ、つらさ。

本当に選手たちは様々な思いを背負って

プレーしていると思わせる姿でした。

そしてそんな選手にブーイングでなく声援で

迎えたサポーターたち。

f:id:giraryo:20170910203854j:plain

 

この声援が将来、確実にプラスになる。

そう信じたい、信じさせてくれる風景に

暗かった気持ちも少しは晴れたのでした。

 

そんな帰り道、ふと気づいたら地面を撮る

サポーターの方が。

何かなーと思って見たらこれでした。

f:id:giraryo:20170910204041j:plain

ギラヴァンツのマンホール!

今までニュースで存在は知っていましたが

やっと現物を見ることができてまさかの感動。笑

 

ちょっとしたことだけども気分が晴れたので、

次節を期待しながら今回は終わり。

 

www.youtube.com

www.giravanz.jp

 

それではまた次回お会いしましょー(・∀・)

【ギラヴァンツ北九州観戦記】14,000人がミクスタで見届けた、大きな2ゴールと勝利の花火。~8/26 2017年J3第19節VS FC琉球戦~

こんばんは、ぎらりょうです!

f:id:giraryo:20170827085020j:plain

 

さあ、まずはいきなりこんな写真を。

ブランド牛の「小倉牛」、

これを一頭丸焼きにするという豪快な料理!
毎年一回は必ずギラヴァンツのホームゲームで

行われるイベントです。

 

そんなイベントが行われる今回の試合、

ギラヴァンツが勝負をかけた『ギラフェス』、

まさにこの夏最後の北九州の「お祭り」でした。

 

開幕戦以来のスタジアム横広場での出店!

f:id:giraryo:20170827085400j:plain

 

普段はあまり飲まないのですが、

今日は豪勢に門司港地ビール!

f:id:giraryo:20170827085554j:plain

 

お一人入場の僕でもこんな豪勢になるんですから、

お祭りというものは素晴らしい。

今日は見た感じ団体さんでの来場も多かったので、

より楽しい観戦体験ができたんじゃないかと。

 

ということで試合前の様子もほどほどに、

早速今回の試合について振り返りましょう。

 

1.大入りのスタジアム、選手の気迫。

さあ腹鼓も打ったところでいつもの定位置に・・・
と思ったらすでに多いという嬉しい誤算。

だって開始一時間前には既にこの状況。

f:id:giraryo:20170827090800j:plain

 

三階席の上段まで埋まっているという素晴らしさ。

ほとんどの人が黄色のユニフォームを着る光景。

今までの積み重ねが、今日の日を作り上げた。

そうしみじみしつつ、席を確保。

f:id:giraryo:20170827091021j:plain

 

いやぁ、本当にいい光景だ。

 

そして選手入場、ここでひとつサプライズが。

今回のキックインセレモニー、数年来のサポは

その名前を聞いてハッとしたでしょう。

林祐征

2011年に北九州に加入。

大柄な体格を駆使したプレイでその年9ゴール、

前年一勝しか出来なかったギラヴァンツ躍進の

一翼を担った選手です。

そんな彼の一番思い出に残っているゴール。

www.youtube.com

 

当時初のJ1昇格へ勢いに乗っていたサガン鳥栖

しかも後半逆転されてからの1ゴール1アシスト。

逆転ゴールを決め、ゆっくりゴール裏に歩いてくる

林選手の姿は今でも鮮明に覚えています。

 

そんな林選手の登場にゴール裏も林コール。

まさかミクスタでこのコールを聞けるとは。。。
そんな感動に試合前から(´Д⊂グスンときてましたw

 

感動のキックインセレモニーも終わり、円陣へ。

f:id:giraryo:20170827091303j:plain

 

こころなしかいつもより長い時間組まれた円陣。

恐らく選手の中でも「絶対に勝とう!」、

そんな会話が交わされていたのでしょう。

 

そして大入りの観客が見つめる中、キックオフ。

f:id:giraryo:20170827091509j:plain

 

まず攻め込んだのはギラヴァンツでした。

今回の戦術では池元選手の飛び出しが多く、

その背後からやはりSBなどの選手が走るという形。

そうなると琉球の選手も中々上がることができず、

ギラヴァンツの時間が増えます。

f:id:giraryo:20170827092440j:plain

 

一方で飛び出しはオフサイドのリスクもあります。

(オフサイドって?という方、下の記事をどうぞー)

giraryo.hatenablog.com

 

特に惜しかった場面が一つ。

左サイドからのサイドチェンジのパス。

それを恐らく右SBの福森選手が前に。

そのボールから池元選手が抜け出し、ゴールへ。

会場も沸きましたが、残念ながらオフサイド

先制点を取ることができませんでした。

 

しかし、ここから琉球の反撃が始まります。

段々と慣れが出てきた琉球

セカンドボールを奪うと素早く前線へ展開、

ゴールへ迫るプレイが出始めます。

 

となるとギラヴァンツ側も下がらざるを得ず、

段々と試合はこう着状態へ。

f:id:giraryo:20170827093233j:plain

 

何度か危ない場面はありましたが、

そこはGK山岸選手を筆頭に防いでいきます。

そんな選手たちを後ろから支えるサポーター。

f:id:giraryo:20170827093502j:plain

 

その声に応えるかのように好セーブや的確な指示を

GK山岸選手は続けます。

その姿からは普段以上の気迫を感じました。

 

その声に攻撃陣も応えたい!
そんな頑張りがいくつも見えますが、

チャンスが生まれど決定機まで持ち込めず。

 

そして、前半終了の笛が鳴りました。

0-0。

今日に賭ける気持ちが見えつつ、得点には至らず。

後半に期待。

f:id:giraryo:20170827094019j:plain

 

2.耐える時間、歓喜の瞬間。

ハーフタイムも終わり、後半へ。

次はサポーターが待つゴールへ攻めます。

 

立ち上がりは、再びギラヴァンツ

やはり池元選手の飛び出しを軸に攻めが続きます。

f:id:giraryo:20170827094518j:plain

 

続けざまにチャンスを作りますが、

琉球守備陣のディフェンスにあと一歩が遠い。

後半でもオフサイドを取られる場面が続きます。

オフサイドを取られたことに悔しがる池元選手。

そこにこの試合に賭ける思いが見えていました。

 

しかし、段々とボールが琉球側に出始めます。

ギラヴァンツ守備陣もよく守りますが、

段々とゴール前へ。

シュートも段々打たれるようになり、

攻撃に中々移れません。

 

そんな中でも大きな声で鼓舞し、

チームを支えたのは彼でした。

f:id:giraryo:20170827095830j:plain

 

横っ飛びのスーパーセーブ、果敢な飛び出し、

珍しくイエローカードを貰ってしまうほどの気迫。

GK山岸選手は精神的支柱としてチームを支えます。

 

そして魔の後半30分の時間に入ります。

この時間帯にギラヴァンツは失点が多く、

そのために取り逃がした勝ち点も多いです。

 

実はこの段階で全試合のことが頭をよぎり、

つい不安になってしまったことを覚えています。

 

それでも、今回のギラヴァンツは必死に守り、

そして必死に駆け上がって攻撃を行い、

何とか無失点を続けます。

 

そして、その時は来ました。

途中交代で入った茂選手、

相手のパスを中盤でカットしカウンター。

中に切れ込むもDFにカット、

ですがその先に彼はいました。

彼の狙い澄ました左足のシュート。

その軌道に観客が注目し、そして歓喜しました。

www.youtube.com

 

この夏新加入したMF山藤選手、

彼のスーパーミドルが決まり、先制!
大入りのスタジアムは大歓喜に沸きます!

 

しかし琉球も黙ってはいません。

どうにかして同点に持ち込もう。

次々とギラヴァンツゴールに襲い掛かります。

しかし、約14,000人がギラヴァンツを後押し。

f:id:giraryo:20170827100701j:plain

 

そして、試合開始から走り続けるエースもいます。

その姿に涙し、声援を送った方もいるでしょう。

その会場の雰囲気は、

まさにホームアドバンテージを作り上げました。

 

そんな雰囲気の中、二度目が訪れます。

池元選手が最後まで追い、相手GKのパスに乱れ。

それを奪った川島選手、前を走る安藤選手へパス。

そのパスをしっかり受けた安藤選手。

目の前にはGK、そして歓喜を待つサポーター。

力を込めて振りぬいたシュートは、

ものすごい勢いでゴールに突き刺さりました。

www.youtube.com

 

こちらも新加入、

MF安藤選手のゴールが試合を決めました。

f:id:giraryo:20170827101148p:plain

f:id:giraryo:20170827101157p:plain

 

歓喜に沸くスタジアム。

サポーターと喜び合う選手。

サッカーの醍醐味が、そこにありました。

 

そして響く、試合終了のホイッスル。

ギラヴァンツ北九州

この夏最後のお祭りを勝利で締めました!

f:id:giraryo:20170827101402j:plain

 

喜びに沸き、それを分かち合うスタジアム。

これほどまで最高な試合に、

心を奪われた方も多いでしょう。

この雰囲気があれば勝てる。

そう思える程今日の試合は最高の雰囲気でした。

 

もちろんまだまだ試合は残っています。

残念ながらJ2昇格圏にはまだ入り込めていません。

それでも、今回の勝ちで一歩踏みとどまりました。

選手たちがこれからも全力以上の力を出せるよう、

この熱い空気を毎試合作れたら、

年末には最高のニュースが待っているでしょう。

 

それを楽しみに、

また次の試合もぜひ見に行きましょう!

f:id:giraryo:20170827101936j:plain

 

www.giravanz.jp

www.youtube.com

 

それではまた次の試合で!

サッカーをより楽しく見る!オフサイドについて1日中調べてみた結果をまとめたよ。

こんにちは、ぎらりょうです。

 

普段ギラヴァンツ北九州のサッカー観戦記を書いている僕ですが、

f:id:giraryo:20170825155052p:plain

と今でもふと思うことがよくあるんです。

 

そこで今回は観戦記番外編として、

オフサイドのことをもっとよく知ってみよう!

という掛け声のもと、貴重な休日を1日かけてこの記事を作ってみました!

 

1.オフサイドとは

サッカーの試合では必ず一回は起きるこのプレイ。

しかし、意外と定義はよく知らない・・・という方も多いと思います。

 

ということでまずは定義を決めているところだな!

ということで見に行ったのは日本サッカー協会HP。

ルールを知ろう!|審判|JFA|日本サッカー協会

上記リンクにある定義を見てみると、

オフサイドの反則を取られた選手が

 

○前提

 ・攻撃側がボールに接触、プレイする瞬間

○条件

 ①守備側チームのフィールド内に

 ②ボールよりも守備側ゴールラインに近く

 ③後から番目の守備側選手よりもゴールラインに近い

 

という条件が発動すればオフサイドは成立するとのことでした。

どういうこっちゃねん。

ということで以下の画像をば。

f:id:giraryo:20170825155122p:plain

 

まあ細かいところを抜きに考えると上記の図のように

オレンジ色で網掛けされた部分オフサイドを取られる場所になります。

つまり、

f:id:giraryo:20170825160421p:plain

 

 ①青の選手1がボールを蹴る瞬間に

 ②ボールを受ける青の選手2がオレンジ色のエリア内にいると

 

f:id:giraryo:20170825160907p:plain

 

オフサイドは成立、ボールを受けた選手がいた所からのリスタートになります。

 

図にしてみると分かりやすいかと思います。

これが基本形、算数で言えば1+1。

 

だがしかし、なんでこんなルールがあるのか?

そう思いますよね。

 

じゃあ想像してごらん?(ちょっと前の芸人風)

オフサイドの無いサッカーの様子を・・・

f:id:giraryo:20170825161434p:plain

 

予想図はまあこんな感じです。

うん、図を見るだけで分かるロングボールの蹴り合い。

おおーっと唸ってしまう綺麗なパスワークなどとは縁遠い、

とにかくボールを持ったら前へ蹴り出せサッカー。

これを防止するために作られたのがオフサイドというルールなのです!

 

2.オフサイドと関係する戦術

基本について解説したところで、続いては実践?例。

実際の試合中にどのようなオフサイドに関する戦術がとられるのか。

言葉よりも図がわかりやすいですよね。

ということでまずはこちら。

f:id:giraryo:20170825162249p:plain

 

青の選手1が前方の青の選手2にパスを出しそう。

そう感づいた黄色選手。

f:id:giraryo:20170825162325p:plain

 

青の選手1がパスを出すタイミングでポジションを前目に移動。

するとどうでしょう、

青の選手2はオフサイドポジションに。

f:id:giraryo:20170825162413p:plain

 

この状況で青の選手2へパス、しかしオフサイドにより黄色ボール。

これがオフサイドトラップという戦術です。

よく試合中に守備の選手が一斉に手を上げるシーンがありますが、

あれがまさしくこの図のような感じ。

日本での解説だと多いのが魚の漁に例えて

オフサイドの網に引っ掛けた」

という表現を使われることもありますね。

 

しかし、攻撃側も黙ってませんよ。

例えばこの図。

f:id:giraryo:20170825163427p:plain

 

黄色の選手がボールを持つ青の選手1にばかり注目しています。

それに気づいた青の選手2。

猛然と前に走り出します。

その意図に気づいた青の選手1も青の選手2に向けてパス。

f:id:giraryo:20170825163456p:plain

 

青の選手がボールを受けたときはオフサイドポジション

しかし、これはオフサイドを取られません。なぜなら

 

 ①青の選手1がボールを蹴った瞬間

 ②青の選手2はオフサイドポジションいなかった

 

ということなのです。

こういったプレイを日本ではよく

「裏を取った」

と表現されます。

日本代表戦などでも某松木安太郎さんがよく口走ってますよね。

あのプレイのことです。

 

ちなみにこのプレイに関してはいい映像もあるのでご紹介。

www.youtube.com

 

資料映像は我らがギラヴァンツ。誇らしい。

このゴールでは2度、裏を取るプレイが起きます。

 

まず1度目は背番号11のエース池元選手(覚えてね!)から

サイドに走る背番号19のイケメン川島選手(覚えてね!)へのパス。

 

そして2度目が川島選手からのクロス。

これをオフサイドポジションではない所から走り、完全に裏を取って

ゴールを決めた背番号9、北九州のペガサス水永選手(覚えt)

 

このような連携を通してゴールを狙うのが攻撃側の戦術です。

試合中でもよく見られるこの駆け引きは理解できるようになると

本当に面白くなりますね!

 

3.試合でよく見るオフサイド事例

オフサイドに関する戦術も一通り解説したところで、

続いては実際の試合でよく見るオフサイドの事例を紹介します。

と言っても、ここで上げるのは特に有名なものだけですので

「〇〇のシチュエーションがないやん!」

とお思いの方、ご容赦くださいましい(´・ω・`)

 

まずはこちら。

f:id:giraryo:20170826084921p:plain

 

これは青の選手1がシュート、それを黄色ゴールキーパーがセーブ、

そのこぼれ球を青の選手2が拾ったところでのオフサイド、という場面。

この場面がオフサイドになったのは

 

 ①青の選手1がシュートをした瞬間、

 ②青の選手2がオフサイドポジションだった

 

という条件が揃ったからです。

これは実際の試合でもよく見る光景で、キーパーが弾いたボールを

詰めた選手がシュートし、ボールはゴールネットを揺らす。

それに沸くスタジアムですが、何故か選手たちは喜ばない。

そのうち相手ゴールキックからのリスタートになるというのは、

初めて見る人からすればなんでゴールじゃないの?と思われるでしょう。

そこにはこのオフサイドのルールがよく関係しているのです。

 

では、こういう場合はどうでしょう。

f:id:giraryo:20170826085756p:plain

 

青の選手1がシュート、この時青の選手2はオフサイドポジション

f:id:giraryo:20170826085954p:plain

 

シュートは黄色のキーパーがセーブします。

そのボールは青の選手2へ。

この時、黄色の選手はポジションが下がっています。

なのでこの段階で青の選手2はオフサイドポジションではありません。

この場合はどうなるか・・・?

f:id:giraryo:20170826090239p:plain

 

これはオフサイドとなります。

どうしてなのか?

ここで思い出していただきたい、オフサイド発動の前提を。

f:id:giraryo:20170826090347p:plain

 

オフサイドの前提は

「攻撃側選手がボールに触れる・プレイする瞬間」

という決まりがありました。

つまりこの状況だと、

 

 ①青の選手1がシュートをした瞬間

 ②青の選手2がオフサイドポジションにいた

 

ということがオフサイド発動の条件になっていたのです。

 

では、こういった場合はどうでしょう。

f:id:giraryo:20170826091952p:plain

 

青の選手1が青の選手2へパス。

この時青の選手2はオフサイドポジション

f:id:giraryo:20170826092125p:plain

 

パスを受けた青の選手2。

この時はオフサイドポジションにはいません。

この状況は・・・

f:id:giraryo:20170826092320p:plain

 

はい、オフサイドです。

これも条件に照らし合わせると理解できるかと思います。

 

 ①青の選手1がパスをした瞬間

 ②青の選手2がオフサイドポジションにいた

 

という条件が満たされたため、オフサイドとなったのです。

ボールを受けた位置ではなく、プレイが始まった瞬間というのが

オフサイドの判定では重要になります。

 

4.オフサイドには当たらない場面

ここまでよく見るオフサイドの状況を見てきましたが、

となると気になるのはどういう状況だとオフサイドではないのか、

ということだと思います。

 

ということで早速。

まずはこちら。

f:id:giraryo:20170826094347p:plain

 

黄色ゴールキーパーがボールを持つ場面。

青の選手はオフサイドポジション内。

f:id:giraryo:20170826094519p:plain

 

なんということでしょう。

黄色ゴールキーパーは目測を誤り、

ボールを青の選手に渡してしまいました。

 

この場合はどうなるか。

 

これはオフサイドにあたりません。

 

理由は何だと思いますか?

ここで再び登場、前提条件さん。

 

攻撃側選手がボールに触れる・プレイする瞬間」

 

というのが前提条件。

そう、黄色ゴールキーパーは攻撃側選手ではありません。

そのため、この場面ではオフサイドはとられないのです。

基本的に守備側の選手のミス(パスミス・クリアミス)だと

オフサイドにはならないと考えると分かりやすいでしょう。

 

??「じゃあじゃあ、なんでさっき出したゴールキーパーが弾いたボールを

シュートしたのがオフサイド判定になるんです?」

 

そうですよね、それ不思議に思いますよね。

まあまず一つはその時説明した

「攻撃側選手がボールに触れる・プレイする瞬間」

が判定の基準ポイントであるというのがあります。

 

しかし、もう一つ理由があるのです。

それが

ゴールキーパーのセーブはオフサイド判定が残る」

という方針があるのです。

と言ってもここを詳しく解説しようとすると1万字超えるくらいの

ボリュームになってしまうので省略しますが、要は

 

 ①ゴールキーパーがシュートを防ぐプレイはオフサイド判定あり

 ②パスミスやクリアミスなどの、守備側ミスはオフサイド判定なし

 

といった感じで思ってもらえば観戦する分には特に問題ないかと。

(実際この辺は審判の判断が大きい部分でもあるので・・・)

 

さてさてもう一つの場面。

f:id:giraryo:20170826101117p:plain

 

オフサイドポジション内に二人の青選手。

ゴールに近い青の選手1がゴールキーパーを引き付け、

後ろを走る青の選手2にパス。

 

これはオフサイドには当たりません

 

なぜなのか。

ここはシンプルに考えましょう。

オフサイド範囲内でのパス回しルールは

ラグビーと同じです。

つまり、

ボール保持者より前にいる選手へのパスは反則なのです。

逆に言えば

パスする選手は自分の真横・後ろへのパスはOK

なのです。

 

これも資料映像があります。

www.youtube.com

これもギラヴァンツのゴールシーンから。誇らs(略)

 

このゴールでは背番号7、未来のエース茂選手(覚えてね!)

相手陣内一番奥からのクロス。

これを奥にいたエース池元選手(おb(ry)へつなぎ、ゴール!

 

このゴールでは相手DFもいるので分かりづらい面もありますが、

あのDFがいなかったとしても池元選手はオフサイド判定とならないため

ゴールを認められるということなのです。

 

他にもこういった場面。

f:id:giraryo:20170826103330p:plain

 

実はオフサイドラインっていうのは

ハーフラインまでが限度

という決まりがあります。

なので図のように後ろから二番目の選手がハーフラインを超えると

オフサイドラインはハーフラインとなるわけです。

なのでこの状況ならオレンジの範囲外はオフサイドにはなりません。

 

そしてもう一つ重要なのが、

コーナーキックスローインオフサイドなりません

これも意外ですが、決まっているんですよね。

なおフリーキック、PKはオフサイドがあります。

 

 

と、いうことでオフサイドについては一通り解説が終わりました。

今回紹介したのは「観戦する時にさらに楽しめる」という要素を

重要視したので、実際にはさらに多くのケースがありますが、

とりあえずは見るときにより楽しめると思います!

 

この記事で今後のサッカー観戦がさらに楽しくなった!
そう思っていただいたら最高です!

ではでは、この辺で!

【ギラヴァンツ北九州観戦記】運にも見放され、ホーム2敗目。それでも嬉しかったこと。~8/19 2017年J3第18節VS藤枝MYFC戦~

こんにちは、ぎらりょうです:-)

 

さあお久しぶりの更新となりました今回、

久々にやってきましたよミクスタ!

f:id:giraryo:20170820120839j:plain

 

この雰囲気を一か月味わえなかったのはやはり辛かったですねぇw

そんな今日の試合、先日移籍加入した山藤健太選手がスタメン入り、

安藤由翔選手もサブメンバー、そしてケガで離脱した茂平選手の復帰と

楽しみな顔が揃いました。

 

にしても今日も晴れ。本当誰か晴れ男いますね、これ。笑

f:id:giraryo:20170820123918j:plain

 

しかも海沿いのスタジアム特有の海風が気持ちいい。

f:id:giraryo:20170820124440j:plain

 

この気持ちよさは現地に行かないと分からないですから、本当贅沢w

そんなこんなで試合開始の時間に。

f:id:giraryo:20170820124825j:plain

 

1.序盤の猛攻

キックオフ。

早速大チャンスが生まれました。

f:id:giraryo:20170820153646j:plain

 

右サイドから繋げたボールを最後は花井選手が強烈なシュート!
しかし、相手キーパの田口選手がナイスセーブ、得点には至りません。。。

その流れで得たコーナーキックは井上選手が直接狙う!
そして響くポストに当たるコーンという音。

本日一回目のポストさんのお仕事でした。

 

しかしその後も攻勢が続くギラヴァンツ

f:id:giraryo:20170820152229j:plain

 

20番花井選手が中央でボールを組み立て前線の池元・水永両選手へ。

その裏から井上選手や川島選手、さらにその裏から福森選手などの

サイドバックの選手が次々上がってくるという超攻撃的な動き。

その関係で相手の攻撃は封じ、そしてこちらの攻撃が続くといういいサイクル。

f:id:giraryo:20170820153124j:plain

 

そしてその後前半最大のチャンスが。

左サイドでボールを持った井上選手。

彼から出された優しい浮き球のボールを巧みにトラップした水永選手。

彼のシュートはゴールキーパーも超えてゴールへ。

そして響くポストに当たる音。

ポストさん、本日二度目の大仕事。

ホームアドバンテージとは一体。

 

その後も攻撃を続けますが、段々とシュートまで持っていけなくなっていきます。

そしてここから藤枝の逆襲が始まります。

一度ボールを奪うと全体が連動してどんどん前へ出てくる攻撃。

正に前半開始直後のギラヴァンツのプレーで逆襲を受けることに。

特にサイドに開く攻撃は素人目にも脅威で、

鋭いボールがサイドに展開され、そこからクロスを幾度となくあげられます。

 

このことで段々とギラヴァンツ側も攻撃に移れなくなっていき、前半終了。

早い段階での攻撃が実らなかった分、少し焦りを覚える前半となりました。

 

2.二度目の〇〇、そして失点。

そんな前半が終わり、試合は後半へ。

選手交代はなく、前半と同じ顔ぶれで後半に臨みます。

f:id:giraryo:20170820161718j:plain

 

しかし、残念ながら後半も藤枝ペース。

やはりサイドを徹底的に攻められます。

藤枝はピッチをダイナミックに使うプレーでギラヴァンツを翻弄。

それに対応するためにギラヴァンツサイドバックの攻撃も沈黙。

いいクロスが上がる福森・浦田両選手が完全に封じられます。

なんとか中央から運ぼうとしても藤枝の守備の網に引っ掛かります。

そのことで守備に時間が割かれることでますます消耗するギラヴァンツ

f:id:giraryo:20170820162115j:plain

 

後方から加藤・山岸両選手からの声掛けも、中々攻撃に繋がりません。

そんな重苦しい雰囲気の中、ひとつの事件(?)が。

久々の攻撃に出たギラヴァンツ、相手ペナルティエリアに近づきます。

しかしその攻撃をクリアした藤枝の平石直人選手。

ク リ ア の 先 は 例 の 海

 

と、いうことで久々に出ました海ポチャ第二号。

今回は相手選手初の海ポチャということで、ある意味また初物を見れましたw

久しぶりの海ポチャということでスタジアムが大盛り上がり。笑

もう本当に名物となりましたねw

 

その空気に影響されたのか、ちょっとギラヴァンツの攻撃がノり始めたかな?

そう思った矢先のことでした。

 

中央からペナルティエリアに向けて放たれた浮き球のパス、

それを胸で後ろから走る選手に預けた藤枝FW、

そのボールをダイレクトで蹴りこんだのは、途中交代で入った越智選手。

この日ビッグセーブを連発した山岸選手も、これはダメでした。

www.youtube.com

 

ギラヴァンツ北九州0-1藤枝MYFC

 

75分過ぎの失点という事実が重い空気をもたらします。

 

しかし、ただでは負けられない。

ここから再度ギアを入れたギラヴァンツが猛反撃。

f:id:giraryo:20170820163433j:plain

 

そして最大のチャンスが。

中盤からのリスタートのボールからうまく抜け出した花井選手へ。

彼のシュートはキーパーの頭を超すループシュート

 

そのボールの行く末を見守るサポーター。

 

そして響く、ポストの音。

 

本日三度目。もはや頭を抱えるしかなかったです。

 

それでもあきらめず攻めるギラヴァンツ

f:id:giraryo:20170820163947j:plain

 

FW池元に代わって入ったのはケガ明けの茂選手。

f:id:giraryo:20170820164024j:plain

 

f:id:giraryo:20170820164030j:plain

 

なんとか突破口を開こうと懸命に走るギラヴァンツ

それを支える、サポーターの声。

それを耐える、藤枝の守備。

 

そして響く、試合終了のホイッスル。

f:id:giraryo:20170820164225j:plain

 

その瞬間から少しの間、背番号20の花井選手はその場から動けなくなっていました。

スタジアムからも漏れる落胆の空気。

リスタートとなる中断明けの大事な一戦、

これを取ることができない重みを選手・サポーターみんなが感じていました。

 

3.試合後の救い。

例にもれず、僕も動けなくなってしまいました。

ここで負けたということはJ2昇格が限りなく遠くなってしまったということ。

そしてそれをその場にいるみんながかみしめているということ。

その現実を考えるだけでも気が遠くなる。

なんとかあいさつに来た選手たちに拍手をすることで手一杯。

 

そんな時でした。

藤枝MYFCサポーターから聞こえた

『北九州!』

というコール。

その声にハッとした時には、別の方が

『藤枝!』

と一人コールをされていました。

声を出すことができなかった僕は何とか拍手をし、

手を振ることしかできませんでした。

なんの声もかけることができませんでしたが、

そのコールは僕にとって本当に大きなコールでした。

あのコールがなければ、次の試合を見に行くことにも

気が重くなってしまったかもしれません。

 

でも、そのコールは僕に

「好きなクラブを応援する」

ということの良さ、面白さを改めて教えてくれました。

 

負けたという落胆も、コールにうれしいと思える気持ちも、

このギラヴァンツを好きになっていなかったら味わえなかった感情です。

それを改めて思い出させてくれた藤枝サポーターには本当に感謝しています。

 

確かに負けることもあるし、絶望だって味わってしまう。

それでも、ゴールの瞬間、勝利の瞬間、昇格の瞬間、そして優勝の瞬間。

「応援し続けてよかった。」

そう思える瞬間も味わえることこそスポーツ観戦の醍醐味なんだと思います。

 

だからこそ、次の試合は歓喜の瞬間を味わえるよう、

そしてそれを一人でも多くの方と楽しめるよう、

改めてこのブログを含む色々な活動を頑張ろう、

そう思うきっかけとなった試合でした。

 

www.giravanz.jp

www.youtube.com

 

ということで、次は8/26(土)。

ギラヴァンツ北九州が今季最大のプロジェクトとして頑張っている

【Giravanz Summer Festival】開催試合。

次こそは歓喜の瞬間を味わえるよう、これからもサポートしていきましょう!

 

PS.

最後に今試合の陰の功労者、海のボールパーソンさんの写真をば。

f:id:giraryo:20170820170033j:plain

 

では、また次の試合でお会いしましょう!

【8/26更新!】実際に行ったところだけ!小倉駅周辺の美味しいご飯をご紹介。【保存版・随時更新!】

こんにちは、ぎらりょうです!
突然ですが、北九州・小倉に来たらこれを食べないと!というお店、

皆さんは何か出てきましたか?
特にサッカーやイベントで小倉周辺に来られる方も多いと思いますが、

中々すぐには出ないんじゃないかと思います(僕がそうでしたハイ)

そ・こ・で!

今回は小倉駅周辺のおいしいご飯が食べられるお店を紹介したいと思います。

なお今回紹介するお店、

すべて自分が実際に食べたお店だけにしました!

自分で食べなきゃ紹介なんてできないですからね!

てことで早速紹介開始っっっ!

 

【お好み焼き いしん】さん

f:id:giraryo:20170730112129j:plain

 

小倉と言えば様々な「日本初」が多い街ですが、その中でも料理の面を見ると

「焼うどん」

これが日本で初めてつくられた街なんだそうです。

そんな小倉には何店舗も焼うどんを取り扱うお店がありますが、

個人的にとてもおすすめなのがこのお店。

甘辛いソースと若松産キャベツの最高の逸品が楽しめるこの一品は

北九州地域の様々なイベントでも引っ張りだこの人気ぶり!

 

「北九州に来たし名物を食べないとな!」

 

そう思われるならば絶対に行って損しないいいお店です!

www.okonomiyaki-ishin.com

〒802-0006

福岡県 北九州市小倉北区 魚町3丁目2−20 三木屋ビルBF-1

Google マップ

 

 

【小倉おばん菜 玉乃井】さん

f:id:giraryo:20170730112202j:plain

 

続いてはこちらのお店。

 

「腹が、減った・・・」(三度さがるカメラ位置)

 

そんな某ゴローさんのようにふらりと入ったら最高のお店だった。

そんな体験ができるのがこのお店です。

何がいいかと言えば、まずは選べる組み合わせの豊富さ!
写真のようにひとつのお皿に4つほどのおかず達。

刺身とサラダは確定ですが、

それ以外はいろんな種類のおかずから2品をチョイスします。

これがまた最高で、どのメニューも本当においしい。

個人的には豚ナスみそ焼?だったかな?これが絶品。

「えー、私優柔不断で選べないー(キャピッ」

 

っていう女子を心に飼っている諸兄、ご安心を。

追加料金250円を払えばおかずを増やすことも可能だっっっ!

更にはご飯はおかわり自由気前がいい。

もちろんそのごはんもふっくら炊きあがっていてこれだけでも美味しいくらい。

そして極めつけはお味噌汁!
でも、これは実際に食べて感動を味わってほしいからあえて書きません。笑

まさに地元民御用達の地域に根差した名店です!

www.uo-sun.or.jp

Google マップ

※日曜・祝日休み 

 

【とりかつ丼の黒兵衛】さん

f:id:giraryo:20170730112235j:plain

 

続いてはこのお店。

小倉の台所、旦過市場

そのレトロさは昭和の面影がとてもよく残りつつ賑わいもあるという希少さ。

そんな市場のちょっと奥、少し小さめのお店に絶品はありました。

精肉店直営のこのお店、まあまずは肉がいい!
本当にプルプルとしたお肉がしっかりサクサクに揚がった衣と合わさり最強。

しかも値段が安い。

大盛りを頼んでも700円いかない安さ。ヤバい(万能語)

北九州人の胃を満足させてきた旦過市場のとりかつ丼、おすすめです。

〒802-0006

福岡県 北九州市小倉北区 魚町4-1-37

Google マップ

 

※なお、市場内にあるので割と日曜は休み。。。
 そんな時はリバーウォーク店へ!
〒803-0812

福岡県 北九州市小倉北区 室町1-1-1 リバーウォーク北九州 4F

Google マップ

 

【手づくりハンバーグ ラルコーン】さん

f:id:giraryo:20170730112255j:plain

 

お次はこちら。

和食もいいけど洋食も食べたいよなぁ!

そんなあなたにはコチラ。

写真で分かる、お肉の山。

個人的に小倉でハンバーグを食べたいと思った時のベストチョイス。

ハンバーグだけでもかなりの種類があり、量も様々。

そしてライスはおかわり自由。分かってるううううう!

この厚みのあるハンバーグを切った時に出てくる肉汁の滝はぜひ生で見よう!

洋食をお腹いっぱい食べたいなら外せないお店です!

xn--nckf1a4c0bg8vrcd.com

〒802-0006

福岡県 北九州市小倉北区 魚町2丁目3−2 2階

Google マップ

 

【中華料理 娘娘】さん

f:id:giraryo:20170730112257j:plain

 

お次はこちら。

 

俺は!
漢飯を!
食べたいんだよ!

 

そんな方へ送る小倉のthe・漢飯。

お店の名前でいかがわしいことを考えた諸兄、おとなしく手を挙げてね。

お店の外観は本当に昔から続く街の中華屋さんって感じ。

そして中も漢達が肩を寄せ合いカウンターで食べ合うという漢っぷり。

そんなお店では650円でラーメンとこの肉焼き飯がつくのです。

ラーメンは懐かしささえ感じられる安定の美味しさ。

しかし、漢たる所以はその肉にあり。

濃い味付けをされた肉達はご飯の消費を加速させるっっっ!
その消費欲をこの焼き飯達がやさしく包み込むっっっ!
極めつけはラーメンのスープ、少しあっさり目の味がラストを飾るっっっ!
もう本当にこんな安さでいいのかってくらいの美味しさ。

そして一度食べるとまた食べたくなってしまう謎の中毒性。

店長さん何も入れてないですよね!?

北九州に住民票を移す覚悟のある者はぜひ行きましょう。

〒802-0002

福岡県 北九州市小倉北区 京町1丁目6−25

Google マップ

 

【天ぷら定食 ふじしま】さん

f:id:giraryo:20170528234614j:plain

 

次はこちら。

the漢飯第二弾。

「地下天」の愛称でも親しまれている地元民行きつけのお店。

地下への階段を下りると早速レジが。

そこで注文を言えばそのまま会計、あとは待つだけ。

と言っても回転が速く、あっという間にご飯にありつけます。

しかもごはん大盛りでも630円、これまた財布にお優しい。

天ぷらも揚げたてサクサクで漬物も美味。

そしてここもお味噌汁がいい。

小倉味噌汁名店会。

割と並んでることが多いですけど回転も速いんで意外とすぐ食べられたり。

地元民が愛するお店、ぜひいきまっしょい!

〒802-0002

福岡県 北九州市小倉北区 京町2丁目1−15 三徳ビルB1階

Google マップ

 

【サンタクロース亭】さん

f:id:giraryo:20170730112309j:plain

 

カツカレーは飲み物連合会会員の皆様、お待たせしました。

小倉でカツカレーをとにかくたらふく食べたい、

そんな願いを叶えるお店がありました。

写真にそびえる二つのカツ山。

これでもまだゴジラで言えば第三形態ですハイ。

最高3枚のカツが乗せられるカツカレー愛好者のオアシス。

しかも3枚乗せでも値段は1,250円。マジか。

もちろん味は良し。

カレーは飲み物という命題を証明できるほどサクサク食べられます。

お店のサイトを見ても分かる拘りっぷり、ぜひご賞味くださいまし!

santaclaustei.com

〒802-0005

福岡県 北九州市小倉北区 堺町1丁目9−22

Google マップ

※日曜・祝日休み

 

資さんうどん】さん

f:id:giraryo:20170730112331j:plain

 

お  ま  た  せ

い  つ  も  の

お  約  束

な ん か 書 い と け

 

ようやく登場、北九州の顔。

ここを紹介しないわけにはいかない、ド定番のお店ですな。

24時間365日いつでも食べられるという地元グルメを食べたい方への救世主。

それが資さんうどんです。

少し柔らかめの麺にうどんの汁がよく絡む、本当に安心する味。

名物肉ゴボ天うどんはそんな麺と汁の相性を肉の出汁がさらに加速させ、

それを吸ったゴボ天が

 約束された勝利の剣

エ ス カ リ バ ー

となる、本当に相性最高の逸品です。

 

だが。

だがしかし。

資さんうどんはそれだけじゃない。

 

f:id:giraryo:20170730112341j:plain

 

実はカツカレーも旨い。

チキンカツ丼はマヨラー歓喜のマヨネーズ付き。(ボトル)

冬は安価で腹一杯になる豚汁ライス。

極めつけは最高の糖分をあなたに、ぼた餅。

 

うどんだけではない、様々な種類の味をいつでも楽しめる資さん、

やはり北九州に来たら一度は味わってほしいですね。

 

資さんうどん

〒802-0006

福岡県 北九州市小倉北区 魚町2丁目2−6−1

Google マップ

 

【マチアソビカフェ】さん‹8/26更新!›

f:id:giraryo:20170826105542j:plain

 

小倉駅すぐそばにあるオタクの聖地、あるあるcity

ここの駅直通、二階にあるカフェがここ、マチアソビカフェ。

運営はなんとアニメ会社

空の境界』や『Fate/staynight UBW』、最近は『活撃!刀剣乱舞』など

クオリティの高い作品を世に放つufotableさん。

ということでアニメとのコラボカフェも盛んに行われていますが、

実は通常メニューがかなり美味しいんです。

特に写真にある『焼きカレー』、これがかなり美味しい!

しかもカフェなのに(偏見)量が多い!

北九州に来たけど門司港まで行く時間がない・・・

でも焼きカレーを食べてみたい・・・

そんなあなたにはおススメのとっておきのカフェです!

 

何よりうれしいのが

 ・おひとり様でも全然大丈夫!

 ・無料Wi-Fi完備!

というところ!

歩き続けて疲れた・・・ちょっとゆったりしたい。

そんな時もぜひ行ってみてください!

 

マチ★アソビCAFE

〒802-0001

福岡県 北九州市小倉北区 浅野2丁目14−5

Google マップ

 

 

ということでどうだったでしょうか。

行きたいお店はありました?

せっかくいろんな目的で遠くへ行くんです。

それならぜひその地域で愛される食べ物を食べていってほしい。

そんな感じのことを思って書いたこの記事、

今後も随時更新していきます!

この記事を見てぜひ小倉にお越しくださいまし!

【ギラヴァンツ北九州観戦記】J3前半戦終了!我らが北九州の前半戦を振り返ってみる。【番外編】

こんばんはー、ぎらりょうです(^ω^)

 

先ほどアウェイFC東京U-23戦が終わり、J3前半戦が終了!

結果は・・・
2-1で、ギラヴァンツ勝利

前半戦最後を苦手なアウェイで勝って締めてくれました!最高!

 

てことでこの機会にちょっと今シーズン前半を振り返ろうというこの企画。

個人的にも懐かしみながら楽しくやっていきます(゚∀゚)

 

シーズン前

新監督就任!

giraryo.hatenablog.com

 

さて、今シーズンを振り返る時にまず触れるのはこの記事でしょう。
激動の2016シーズンが終わり、サポーターが不安な時に入ったこのニュース。

恥ずかしながらどんな方か知らなかったこの時、ふと

「分からないなら調べよ。んでみんなにも知ってもらお。」

と考えて書いたこの記事。

今ではこのブログでも一番読まれた記事となりました。

そんな記事ですが、書いて本当に良かったと思うのは

どんな人がこれからこのチームを率いてくれるのか。

それをしっかり理解できたことに尽きますね。

そのおかげか本当に今シーズンは試合ももちろんですが、

選手の成長を実感できるシーンで感動できます。

それも監督がどういう人なのか、ということを知ることができたからだと

思う懐かしい記事ですねー(゚∀゚)

 

ミクスタ初お披露目!

giraryo.hatenablog.com

 

続いてはこちら。

まあサッカーの記事ではないですが、ミクスタ初試合の記事。

この時の感動は今でも覚えていますねー
最高すぎて本当色々なところを見て回りましたもん。

そしてあのスタジアムが一体となって試合に熱中する様子にも感動。

正にシーズンへの期待が高まった記事となったと思います(´∀`)

 

新選手の紹介!コーチもね!

giraryo.hatenablog.com

 

そして新監督を紹介するなら新選手も。

この時に紹介した選手が活躍するのはやはりうれしいものがありますねぇ・・・!
特に両サイドバックの二人の活躍は本当にすごい。
彼らのおかげで勝てた試合も多いかと思います。
そして個人的期待度No1!の茂選手、ケガからの復帰を待ってますよ!

 

シーズン開幕!

満員のスタジアム!J3開幕。

giraryo.hatenablog.com

 

さあ、ついにJ3開幕です。

開幕戦、待ち焦がれたスタジアムに集った約15,000人の歓声は今でもいい思い出。

やっぱり大勢のお客さんがいる中で見るサッカーは本当にいいものだ。

そんなことを考えながら書いたこの記事ももう4か月以上も前なんですね・・・

 

ミクスタ連勝記録の始まり。

giraryo.hatenablog.com

 

続いてはセレッソ大阪U-23戦!
皆様ご存じ、おっ知らない!?

じゃあ覚えていきましょうこの試合はミクスタ初勝利という

記念すべき試合なのです!
そしてここから始まったホームでの連勝伝説!
数か月間お預けされていた勝利歓喜を爆発させた思い出深い一試合ですね!

 

ギラヴァンツ初タイトル!

giraryo.hatenablog.com

 

お次はこちら。

ギラヴァンツ北九州として初のタイトルを手にした試合、

そう天皇杯福岡県予選決勝!

・・・とは言っても大学生チーム相手にまさかの苦戦。

割と本気で今後が心配になってしまったことで中々記事のキレも

鈍い感じになっているのが見所・・・?笑

 

ただいま本陸!

giraryo.hatenablog.com

 

続いてはこちら。

去年盛大に本陸卒業!といいつつすぐに里帰りした懐かしき思い出。
あの本城のスコアボードに示された二ケタの数字は今後見ることが

できるのか・・・というほどのレア度かと思います。笑
そして試合後のアルヴェリオ高松の選手たちによるギラヴァンツへの挨拶に感動。
いろんな意味で思い出深い天皇杯一回戦の記事ですね(^ω^)

 

神を見た日。

giraryo.hatenablog.com

 

続いてはミクスタに戻ってきたこの試合。

小谷選手大爆発の最高の試合でしたはい。

この辺りから文章も段々書き方が固まってきたなぁという印象の記事。

やっぱり勝利はいいものだ。

 

即日更新終了のお知らせ

giraryo.hatenablog.com

 

次はこの記事。

何を隠そう、この時まで当日更新を続けていたブログがついに終了。

この時の俺何をやってただ。

この試合は池元選手2ゴールの大活躍、そしてスタジアム一周ハイタッチが

始まった試合でもあり、シーズン終了後にはターニングポイントと呼ばれる

試合になるんじゃないかなーと勝手に予測しております。

このブログ的にもようつべのハイライト動画を載せ始めた時期でもあり、

より見てもらう方に楽しんでもらえるブログ作りを意識した記事ですね。

 

海  ポ  チ  ャ  。

giraryo.hatenablog.com

 

はい、この試合は歴史的な試合でしたのでみんなも覚えてますね?

そうです。

海  ポ  チ  ャ  で  す  。

まあその話題が大きくなりますが、もっと言えば現在サイドバック

アシストを量産してくれる浦田選手の初スタメン&初アシストの試合でした。

そんなツイッターの話題すら持っていった歴史的な試合。

それ以外にもいろいろ素敵なことがあったので見返しながら感慨深くなりました。

 

伝説の終わり。

giraryo.hatenablog.com

 

次はこの試合。

今シーズン初の負け試合レポ。

マジで難産モノの記事でした。

まあプライベートでも色々あったんですが、それでも負け試合って本当難しい。

だからこそちゃんとまとめられたのはよかったですし、あとはこの記事を見ても

スタジアムに行ってみたいと思える人がいてくれるともっと嬉しいと思う記事でした。

 

流れを吹き飛ばすゴール劇場!

giraryo.hatenablog.com

 

そして直近のこの試合。

5ゴールを記録してクラブリーグ通算100勝を達成したこの試合も

ある意味難しい記事でした。笑
まああるわあるわ書きたいシーンが。

それを抜き出して何とかまとめきったこの記事。

可能なら今後もこういう方向で頭を悩ませる記事が書けたらいいなぁ!

 

終わりに。

いかがでした?

こうやって振り返ってみるともうすでにこんなにたくさんの思い出が

このチームを通して生まれているんだなぁと再実感。

やっぱりこんなに応援できるチームが地元にあるっていうことは

それだけ幸せなことなんだと思います。

そんなことを今はサッカーが好きな人に見てもらえていますが、今後は

まだサッカーに興味が薄い方たちにも届くようなブログ・記事にしたいと

思いますし、サッカーなどを通して北九州に来てもらえる方々にこの街で

更に楽しんでもらえるような記事も新しく上げていきたいと思います。

 

そして今シーズン終了後、再びこのような記事を書くときは歓喜の気持ちを

爆発させながら書きたいので、これからも一サポーターとして細々と応援を

続けていく次第であります!

ということで今回はこの辺で。

次は8/19、ミクスタでお会いしましょう!

f:id:giraryo:20170430185059j:plain

【ギラヴァンツ北九州観戦記】ミクスタ最多得点!梅雨を吹き飛ばす5つのゴール。~7/8 2017年J3第16節VSグルージャ盛岡戦~

こんばんは!

ぎらりょうです。

 

さあ久しぶりにその日更新、再開しましたよ!

 

だって筆(?)が進む最高の試合でしたもの!

そりゃーその日中に更新したくなるものです。

 

 

えっ、日付は変わってるだろって?

日が昇るまでは「試合日当日」です!(ぐるぐる目)

 

 

てことで早速はいりましょー!

 

1.試合前の楽しみ、早速の展開。

てことで本題へ。

今日は二試合目のナイトゲーム

まあまずは試合前の様子から。

今日、実はめっちゃ楽しみにしていたことがあってですね。

f:id:giraryo:20170708225833j:plain

 

そう、あの「海ポチャボール」がなんと一般公開!

GK高橋選手が「あっ、海の匂いした!」とはしゃいだボールを間近で見られる!

てことを試合前のギラ公式ツイッターで知ったのでまずは一目散にそこへ。

こんなパネルもしっかり作っちゃって、本当に今年のホームゲーム運営さん最高。

 

そしたら響く太鼓の音。

f:id:giraryo:20170708230153j:plain

 

小倉の夏の風物詩、「小倉祇園太鼓」の演奏会があってるではありませんか!

そういえばもう来週は祇園なんですよね。

時が経つのは早いなぁとしみじみしつつ、しばし演奏に耳を傾けます。

 

ちなみに「その祭り知らない・・・」っていう他サポの皆様、

是非来週土日は小倉に遊びに来てくださいな!

kokuragiondaiko.jp

 

さあそしてスタジアムの中へ。

その前に大切なことが。

 

そう、先日九州で猛威を振るった豪雨災害。

北九州も他人ごとではなく、昨日はスタジアムにも近い紫川が一時氾濫の危機に。

中々応援できない中、何とかお金だけでもと僕も募金をしてきました。

ある意味この日常がいかに恵まれた事なのかを改めて認識する災害でしたね。

 

そして座席へ。

本日の相手はグルージャ盛岡

このチームが来るということで撮りたいなぁと思っていた弾幕が一つ。

それがこちら。

f:id:giraryo:20170708231336j:plain

 

この宮沢賢治の「雨ニモマケズゲーフラ、一度写真で見たときから

かっけえええええええええええ!

と個人的に思っていたもの。

しっかりミクスタにも持ってきてもらっていたみたいで、

顔も知らぬゲーフラ作成者に感謝をしつつ、ふと視線を下へ。

f:id:giraryo:20170708231634j:plain

 

ギ ラ ン グ ル ー ジ ャ 盛 岡 ゴ ー ル 裏 へ 乱 入

 

あ、もちろん平和的なことですのでご心配なく。笑

こういうほのぼのした光景を見られるのも下部リーグのいいところなのかもですね。

 

・・・長崎さんとか熊本さんともよくやっていたなぁ・・・(遠い目)

 

さてさてそんなことは置いといて、本日のスタメン。

f:id:giraryo:20170708232219j:plain

 

ついにギシさんことGK山岸選手が復帰!

もちろんこの期間にゴールを守ってくれていた高橋選手には

本当に何度も助けてもらいました。(だって毎週GKセーブランキングにいたもの)

それでも監督としてはこの山岸選手が場を締める必要があると感じたのでしょう。

これに負けず、高橋選手には再度ハッスルしてほしい!

 

中断前最後のホームゲーム、絶対に勝ちで締めたいスタンドに熱気が湧きます。

f:id:giraryo:20170708232820j:plain

 

そして、キックオフ。

ここ最近連敗状態と梅雨のように湿気のある結果が続いているので

いっちょここで梅雨明け宣言をしてほしいところ。

 

そんなキックオフ直後はギラヴァンツボール。

早速ゴール前でチャンスを作るなど上々の滑り出し。

・・・と思いきや、すぐに相手ペースへ。

トントンと繋がれて中々ボールを奪えない展開に徐々に苦しさが。

そして試合は早くから動きます。

少し空いたパスコース、うまく体を捻り抜け出した先はギラヴァンツゴールでした。

 

www.youtube.com

 

ギラヴァンツ北九州 0-1 グルージャ盛岡

 

梅雨のような連敗の流れを引きずっている、苦しい立ち上がりとなりました。

 

 

2.流れを変えた二人のテクニシャン

一点を先制され、苦しいギラヴァンツ

相手も勢いに乗じさらに追加点を狙っていきます。

f:id:giraryo:20170708234048j:plain

 

それでもGK山岸選手を中心に何とか跳ね返していきます。

そして徐々にボールを持てるようになってきたギラヴァンツ

それにつれてファールを受けることも多くなってきました。

 

そんな流れで前半37分、ついにその時が来ました。

ゴール左側で受けたファール、蹴るのは井上翔太選手。

ボールの行く先、ファールにならないような絶妙の場所に右足を伸ばし、

その足でゴールに押し込んだのはこの日Jリーグ101試合目の出場を果たした

名古屋グランパスユース出身の背番号20でした。

f:id:giraryo:20170708234800j:plain

 

浮いた状態にも拘らずしっかりゴールに流し込んだMF花井翔選手のゴールで

ギラヴァンツ北九州が試合を振り出しに戻します!

 

www.youtube.com

 

そうなると強いのがこのスタジアムの雰囲気の良さ。

歓声が響く設計のスタジアムでは一気に歓声の圧力が増します。

そんな声が力になったのか、さらに攻撃の手を緩めないギラヴァンツ

 

そして同点のシーンからすぐの前半42分、

今度は鹿島アントラーズ出身のテクニシャンが魅せてくれました。

サイドでボールを受けた背番号19川島大地選手。

そのボールをお洒落なヒールパスで中央の池元選手へ。

ここだけでも最高なのにここからがさらにいい。

パスを出した川島選手、すぐにサイドに走りだします。

それを感じた池元選手、ワンタッチで川島選手の前へ。

そのボールをしっかり受けた川島選手、再び魅せます。

相手DFの裏に走り出した水永選手の存在をしっかり把握したパスは

相手も動けないほどの完璧なコースを通り水永選手へ。

そしてボールを受けた水永選手、あとは決めるだけでした。

f:id:giraryo:20170708235743j:plain

 

完璧なバックパス、完璧なワンツー、完璧なクロス、

そしてしっかり決めるストライカー。

ギラヴァンツ北九州、前半のうちに試合をひっくり返すことに成功!

 

www.youtube.com

 

いや、本当に素晴らしいゴール。

個人的には現段階シーズンナンバーワンのゴールだと思います。

近くでは高校生(?)の集団が観戦していたんですが、このプレーの時は

「すげえ!」

「上手え!」

と興奮した様子で叫んでいたことがより嬉しさを増幅させてくれました。

 

そんな最高の展開の中、前半が終了。

ギラヴァンツ、嫌な空気を一蹴する素晴らしい展開へ!

 

3.頼れるミスターギラヴァンツ

前半をいい流れで終え、ハーフタイムへ。

しかし、ここでちょっと残念な神話の終わりが。

実は今シーズンミクスタになってから一度も雨が降ってなかったのです。

そして今日も昨日の雨が嘘のように晴れ間を見せる時もあったほど雨の気配0。

しかし、ついに空から落ちてくる水の塊が試合中のミクスタに墜ちてきました。

前回使うことのなかったポンチョ、ついに使う機会に恵まれてしまったのです。

ミクスタ太陽王伝説、ここに完。

 

そんなことを言ってたらもう後半開始へ。

前半での逆転リードという展開ながら、今までだとこの後半で点を決められ

落としてしまった勝ち点も多い、いわば「鬼門」。

実際、盛岡側もしっかり切り替えてきたため、序盤は守りの展開へ。

f:id:giraryo:20170709001457j:plain

 

それでもしっかりと攻撃を跳ね返すことでピンチを未然に防いでいきます。

 

そんな守備の時間では終わらせないと、再びあの二人がやってくれました。

 

左サイドでボールを受けた川島選手。

中には体の強い水永選手。

前半の得点シーンを思い出させる構図、しかし川島選手の目には別の選手が。

ゴール前でフリーになったエース、そこへピンポイントの鋭いパス。

その川島選手からのラストパスを受けた池元選手、

右足で浮かせたボールを丁寧にループで逆サイドのゴールへ。

その軌道を見極めた池元選手は、ゴール裏、そして控え選手の元へ。

f:id:giraryo:20170709002320j:plain

 

ギラヴァンツ北九州、エースの一発でグルージャ盛岡を突き放します!

 

www.youtube.com

 

にしてもこのゴールも本当に素晴らしい(・∀・)
ついてる相手選手の動きから分かる通り上にクロスを上げると思わせて、

しっかりフリーの池元選手へパスを通した川島選手、最高か。

 

そして興奮冷めやらぬ後半13分、次は一瞬の隙を見逃しませんでした。

方陣内でのパスカットをポンポンと前線へ。

そして前で受けた池元選手、キーパーが前目にいることを見逃しませんでした。

 

ハーフラインから放たれたロングシュート。

会場全体がボールを見つめます。

そして揺れるゴールネット、揺れるスタジアム。

f:id:giraryo:20170709003629j:plain

 

エース池元選手の研ぎ澄まされたゴールへの嗅覚で、ギラヴァンツさらに追加点!

 

www.youtube.com

 

このシュート、池元選手の技術力の高さはもちろんなんですけど、

原田監督になって明らかに増えたワンタッチでのボール回しの良さが出た

分かりやすいシーンだとも思うんです。

味方ゴール前からポンポンと池元選手まで繋げることで相手キーパーは

若干戻りきれていないんですよね。

そしてその隙を生み出したからこそのゴールだと思います。

 

4.苦しい時間帯、耐え抜いた先。

さあエースの二得点もあり、得点差が広がって楽勝ムード!

 

・・・というわけにもいきません。

なぜならここからの時間帯がギラヴァンツにとって「苦手」とする時間帯。

仮に追いつかれなかったとしても、この時間帯で失点してしまえば

この時間帯に対する苦手意識がさらに醸成されてしまう可能性があるのです。

 

そして実際にこの時間帯から攻められることが続きます。

f:id:giraryo:20170709004929j:plain

 

f:id:giraryo:20170709005100j:plain

 

f:id:giraryo:20170709005218j:plain

 

この熱いジメジメとしたピッチコンディションも選手たちに襲い掛かります。

それでも、最後の最後までゴールを割らせることを許しません。

 

そして後半もロスタイム。

ギラヴァンツコーナーキックチャンス。

普段なら時間を使うプレイに移行しますが、今日は違いました。

最後まで攻撃に行く選手たち。

そのボールを蹴るのはアシスト量産体制に入った背番号13。

f:id:giraryo:20170709005631j:plain

 

ゴール前へ蹴ったボール。

その先にいたのはギラヴァンツのDFラインを支える地元戦士。

f:id:giraryo:20170709005821j:plain

 

f:id:giraryo:20170709005925j:plain

 

後半終盤でのとどめの一撃!

決めたのは北九州出身のDF刀根亮輔選手でした!

 

www.youtube.com

 

このゴール、後半ももうすぐ終わる時間帯であり、90分すら超えた

体力的にも厳しい時間帯での浦田選手のボールの質に本当感動します。

そしてゴール後のガッツポーズは本当にカッコよかったです、刀根選手!

 

最後の最後に止めを刺したギラヴァンツ、このまま失点を許さず試合終了!

苦しい連敗を止める値千金の勝利となりました!

f:id:giraryo:20170709010554j:plain

 

久しぶりの勝利のジャンプ、最高ですね(^ω^)

f:id:giraryo:20170709010813j:plain

 

そして久しぶりのハイタッチ。

段々子供たちの数が多くなっている気がしますね、いいことだ!

 

そして試合後、誕生日を迎えた内藤選手に選手みんなから水のぶっかけ祭り!

見ているこっちも楽しくなるくらいの雰囲気の良さ、

ある意味でとてもほっとした一幕でした。

f:id:giraryo:20170710200713j:plain

 

 

今回の試合、特に苦しい時間帯だった後半を無失点で乗り越えられたのは

本当に大きいことだと思います。

それに加え、決定力も実は段々よくなっているのではないかと思うのです。

5得点はもちろんですが、これ以外でも二回クロスバーに当たる惜しいシーンが

生まれていたのです。

そこで決めてないじゃん!と言われればそこまでですが、実際に今までの試合よりも

ポストに当たる回数が増えたという事は、枠内へシュートが飛び始めたということ。

そしてなにより今回の得点でのアシストの良さこそ、

今後さらにゴールが生まれるよい兆しではないかと思うのです。

 

www.youtube.com

 

www.giravanz.jp

 

今日の試合をもって、前半戦のホームゲームは終了しました(早い!)

次は来月8/19藤枝MYFC戦です。

前半戦では悔しい敗戦をしたギラヴァンツ。少し時間が開いてしまいますが、

次の試合ではさらに大勢の観客で選手たちを迎えてあげたいですね!

 

てな感じで今回はここまで。

次回、またお会いしましょう!