ゆっくり監督ギラヴァンツPのつれづれ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり監督ギラヴァンツPのつれづれ日記

ニコニコ動画で投稿中、【ゆっくり監督はギラヴァンツを有名にしたい】の投稿者が動画作成の裏話から好きな話まで何でも徒然なるままに綴ります。

【ギラヴァンツ北九州観戦記】いよいよ出陣!新加入のギラ戦士を力の限りご紹介。【番外編】

観戦にっき

こんにちは、ぎらりょうです。

 

いよいよ明日、ギラヴァンツ北九州2017シーズン開幕!

そんな今回は、今年から北九州に力を貸してくれる

新しいギラ戦士を紹介したい!

という思いから新入団選手の情報を集めてみることにしました!

 ちなみにプレースタイルなどは各選手紹介の本などにあると思うので、

今回はなるべくそれ以外の情報を見てみたいと思って集めましたー!

 

1.選手編

ということで始まりました新入団選手紹介、

今年の加入はかなり驚くようなサプライズ加入が多かったですね。

ということでその中でもインパクトの大きかった選手からご紹介!

 

GK 1 山岸範宏

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/01_yamagishi.jpg

 

www.giravanz.jp

今年の新加入選手の中でまず触れないといけないのがこの選手、

名門浦和レッズにおいて14年間在籍、活躍した経験豊富なGK、山岸範宏選手!

山岸選手と言えばこのゴールが記憶にある方も多いのではないでしょうか。

 


J2昇格プレーオフ山岸ゴール

 

2014シーズンJ1昇格プレーオフでの後半ロスタイムの逆転劇。

このゴールでジュビロ磐田(現J1)に勝利したモンテディオ山形

そのままJ1昇格を果たします。

その時のゴールで山岸選手を知った人もいるのではないでしょうか。

 

そして、(あまり思い出したくないですが…w)去年の2016シーズン最終戦、

北九州の攻撃を防ぎ切ったモンテディオ山形のGKには彼の名前がありました。

このチームは彼と戦い、その怖さを知っていると思います。

 

そんな経験豊かな彼の加入によりGKの良い競争が起こり、

全GKが大きく伸びることに期待したいですね!

 

FW 14 平井将生

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/14_hirai.jpg

 

www.giravanz.jp

続いてはこちらの選手。

アビスパ福岡退団時、うちのチームに来てくれないかなーと思っていたら

まさかの実現!

ガンバ大阪での活躍が有名なストライカー、平井将生選手!

とくに活躍したのはJ1、2010年シーズン。

14得点を挙げてJ1得点ランキング5位!

現在プレミアリーグで活躍中の日本代表・岡崎慎司選手よりも多いゴールを奪い、

日本人2位のゴール数を上げました。

その後はケガなどもありましたが、アルビレックス新潟アビスパ福岡

所属後、今年から北九州のギラ戦士となってくれました。

そんな平井選手、ゴール後のパフォーマンスは阿波踊り

今シーズン平井選手がゴールを決めたら皆で阿波踊りを踊っちゃいましょう!w

 

MF 22 中原秀人

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/22_nakahara.jpg

 

www.giravanz.jp

 

 数年来のサポーターにとっては「おかえり!」と言いたくなる加入選手。
実は5年前の2012年、特別指定強化選手としてギラ戦士だった中原選手が

帰ってきてくれました!

当時三浦ヤス体制の北九州に特別指定選手としてプレーした彼、

リーグ戦5試合出場で得点も上げるという活躍にぜひ彼に来てほしい!

と願ったサポーターも多かったのではないでしょうか?

しかし、大学卒業後はアビスパ福岡へ。

しょーじき残念でしたが、いいこともあったようで。

まずはアビスパ福岡入団時にスタメンを取れたこと。

そのことで経験を積めたと思います。

その時には当時FC岐阜の監督だったあのラモスから

「彼はクレバーな選手だ」

との評価を受けています。

そしてJ1のレベルを感じてくれていること。

こういうレベルを知る選手となって帰ってきてくれたことに頼もしさすら感じます。

なおアビスパ時代は「課長」というニックネームがありまして…笑

そして課長にちなんだ弁当まで発売されてます笑

もし本人がよければ、今年も課長ネタで盛り上げてほしいですね!

そしてめざせ福岡県民が誇る課長、高田課長とのコラボ!

 

 

FW 9 水永翔馬

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/09_mizunaga.jpg

 

www.giravanz.jp

 

 長年のJ2愛好家なら確実に知っている名前!

水永選手も加入決定!

水永選手と言えばV・ファーレン長崎J2昇格元年の2011年、

諫早の新スタジアム初戦、あのガンバ大阪からJ2初得点を奪い、

その後も「長崎旋風」の牽引者としてチームを支えました。

その後、J3だったツエーゲン金沢に移籍、J3においてもその実力を示し

ツエーゲンJ3優勝・J2初昇格の原動力となります。

そしてまたまたクラブJ2初挑戦の2015年でもしっかりとゴールを奪い、

これまた「金沢旋風」の一員として奮戦しました。

 

こう見ていただいたらわかる通り、水永選手は

旋風を巻き起こす星の元に生まれている

と言っても過言ではないでしょう。笑

そんな選手の加入がこのチームに与える影響は大きいでしょう!

最後にそんな彼のプレーを集めた動画をご紹介!

来年は彼に注目注目ゥゥゥゥゥ!

www.youtube.com

 

MF 24 小野寺達也

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/24_onodera.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いては長年栃木SCの中心選手として活躍したこの選手!

僕も小野寺選手の名前を聞いたときは

「え、栃木の顔(勝手な思い込み)がギラ加入するの!?」

と驚いていました(実際は長崎からの期限付き移籍ですが…笑)

 

そんな彼のプレースタイルは中盤でのボールキープ、

そして攻撃を組み立てていく側の選手となります。

シュートなどあまり表立って出てくるスタイルではありませんが、

彼にボールが渡った時には期待を込めて注目したいですね!

 

MF 15 神崎大輔

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/15_kanzaki.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いてはこの選手!

再びの長崎から!(マジで角煮まん買いに行きます)

2009年から7年間にわたり長崎を支えた中心選手の一人、

神崎大輔選手がギラヴァンツに加入!

 

神崎選手は長崎がJFL(現J3)在籍時には得点源の一人として活躍、

長崎のJ2昇格の原動力として大活躍しました!

そんな神崎選手を特集した記事がちょうどアップされていました!

 

www.jsgoal.jp

 

長崎のサポーターにとっても大切な存在である神崎選手、

その経験を生かし、今回もJ2昇格にぜひ貢献してほしいですね!

 

 

GK 21 高橋拓也

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/21_takahashi.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いてはGK!

横浜Fマリノスのユースで育ち、4年間YS横浜の守護神として活躍。

その活躍が認められ、再度横浜Fマリノスへ!

出場機会こそなかったですが、J1チームのレベルの高い中で揉まれた才能が

北九州の地で輝くことに期待しましょう!

 

GK 7 茂平

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/07_shige.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いてはこの選手!

まさしく「誰だろ?」となった人が多い選手の一人なのかもしれません。

しかし侮るなかれ。

九州の名選手排出の名門、大分トリニータユース出身であり、

アビスパで活躍中の為田大樹、大分の点取り屋後藤雄介とともに

トップチーム昇格の話まであった逸材です。

その後は大学進学をしますが、そこでも全日本学生選抜に選ばれるなど評価され、

去年JFL奈良クラブへ入団。

入団初年度にして25試合出場、15得点を挙げJFL新人王!

早速結果を出し今季はギラヴァンツ北九州へ!

そんな彼の輝きぶりは既にシーズン前にも表れています。

シーズン開始後の才能爆発ぶりをぜひ見せてほしい個人的期待度MAXの選手です!

 

 

DF 13 浦田樹

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/03/13_urata-1-1.jpg

 

www.giravanz.jp

 

 続いては千葉から期限付き加入したこの選手!

ユース時代から千葉で鍛えられ、そのままトップ昇格。

その後なんとブラジルの一部チームに期限付き移籍をし、

ひとりブラジルの地で磨かれてきたという経歴の持ち主。

そりゃ千葉さんも手放したくないですよね。

でも千葉サポの皆さん、安心してください。

浦田選手はこのギラヴァンツというチームで大切に育てます!

 

あっ浦田選手、門司に家買っちゃいません?←

 

そんな浦田選手、さっそくいいニュースが!

www.giravanz.jp

 

U-20日本代表候補のトレーニングキャンプに召集!

すでに実力は広く認められています。

 

世界に羽ばたき始めた才能。

その開花場所がこのギラヴァンツとなるようにぜひ応援しましょう!

 

 

DF 4 鈴木翔登

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/04_suzuki.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いては同じ九州の熊本さんから期限付き加入した鈴木選手!

めっちゃさわやか笑顔がまぶしい選手ですねー

そんな鈴木選手、入団リリースの写真がこちら。

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2016/12/f2119c9375a7c987e140767a5282db73.jpg

 

ごっつ!!!!!

さすがプロ、風格からも強力なDF臭が漂っていますねぇー

そして見た目とは裏腹にまだ23歳!!!!!

初めて見たときに

「え。。。年下やん。。。」

と愕然としたのはここだけの秘密。

 

そんな鈴木選手、学生時代から名門

流通経済大学附属柏高→流通経済大学

という高いレベルの中で揉まれます。

そして大学4年生時にはなんと流経大主将を任され、

総理大臣杯日本大学トーナメント連破の原動力となりました。

その時の彼を取材した記事があったので皆さんに共有!

 

web.gekisaka.jp

 

いやあ、否応にも期待度が上がってしまうこの内容(・∀・)

応援せずにはいられないっっっ!

 

そんなリーダーシップ力を買われたのか、一昨年ロアッソ熊本に入団。

入団初年度にはリーグ戦23試合に出場と早速の活躍。

しかし去年は8試合に出場が留まります。

そんな彼が再起の場所として選んでくれたのがギラヴァンツ

僕らも精一杯応援して再び彼が輝くことを期待しましょう!

 

 

DF 3 福森健太

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/03_fukumori.jpg

 

 

www.giravanz.jp

 

続いては昨季より特別指定選手としてギラヴァンツ北九州に関わり、

今年本契約で入団した福森選手!

 

昨年の特別指定での入団時から当時監督の柱谷監督から

「とてもハートの強い選手」

という評価を受けていた選手であり、実際に2試合の出場も果たしています。

 

そして、あの降格の瞬間を知っているメンバーの一人でもあり、

その悔しさ、現実を間近で見てきた選手として思うことは沢山あると思います。

だからこそあの悔しさをバネに、北九州の未来を担う選手になってほしい!

そして、同い年メンバーの鈴木翔登選手との新たな若いDFラインが出来るのを

密かに楽しみにしています!

 

MF 23 紀藤隆翔

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/23_kito.jpg

 

 

www.giravanz.jp

 

最後は唯一高校から入団したこの選手!

高校から入団するとなるとあまり情報もないのでは・・・
そう思っていましたがなんのその。

割とたくさん情報が出てきました。

それもそのはず、あの名門四日市中央工高がいる三重県において

高校3年生時に総体地区予選優勝

それを主将としてチームを引っ張ったのが何を隠そう紀藤選手です!

さらにその総体決勝での対戦チームこそ四日市中央工高だったのです。

そんな名門チームを相手に奮闘、しかし後半ラストプレーに追いつかれます。

そんな状況で主将・紀藤選手がチームメイトにかけた言葉が

「そんな状況を楽しもう。」

という言葉。

その言葉に奮起した三重高イレブンは延長で勝ち越し弾を決め、優勝!

紀藤選手の強いハートが証明されるエピソードですね。

 

そんな紀藤選手、プレーでは俊足を生かした攻撃で観客を沸かせたいと

強い意欲を表明しています。

彼がボールを持ち、ピッチを切り裂く風のように駆ける瞬間を一日でも

早く見たいと期待しています!

 

 

2.コーチ編

 

サッカーは選手だけが戦うのではありません。

練習では一番近くで選手たちを見守り、試合ではベンチから檄を飛ばす。

そんなコーチ陣もこの機会にご紹介します!

 

 

監督 原田武男

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/hc_harada.jpg

 

まずは皆さんご存知今年度から監督に就任した原田武男監督!

・・・と言ってもここで紹介するより以前書いたこちらの記事をどうぞ。笑

 

giraryo.hatenablog.com

 

既に1,500人近くから見ていただいたこの記事、

それだけ期待度の高い監督に僕たちサポーターは声援という形で

背中を押し続けていきましょう!

 

 

ヘッドコーチ 萩村滋則

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/c_hagimura.jpg

 

 

www.giravanz.jp

 

続いてはトップチームのヘッドコーチを務める萩村コーチ!

現役時代は柏レイソルを中心に京都サンガアルビレックス新潟などで

DFとして活躍。

プロ初年度の1997年には柳沢敦中村俊輔というビッグネームとともに

Jリーグ優秀新人賞を受賞するほどの選手でした。

 

現役引退後は最後の地・東京ヴェルディで育成年代のコーチに就任。

ヴェルディ育成世代と言えば兄弟全てがプロ契約した高木3兄弟、

去年行われたAFC U‐23選手権2016において大活躍した中島翔哉選手など、

実力ある面々を輩出し続けている名門です。

 

そこで7年間に渡り育成に携わってきた萩村コーチには

ぜひ育成力を発揮してもらい、チーム力の底上げを行ってほしいですね!

 

 

コーチ 齋藤直幸

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/c_saito.jpg

 

 

www.giravanz.jp

 

続いてはコーチに就任した齋藤コーチ!

齋藤コーチは2011年から長崎でコーチを歴任しており、

初めはトップチームコーチ、その後ユースチームコーチとして

原田監督とのコンビで長崎ユースチームを強化していきました。

 

そしてその功績が認められ、去年は湘南ベルマーレにおいてトップチームの

アシスタントコーチを担当。

J2降格こそしてしまいましたが、J1を席巻した「湘南スタイル」を支えた

一員としての経験、そして長崎ユースからのつながりがある原田監督との

相乗効果によりこのチームをさらに上のレベルに引き上げてくれることでしょう!

 

 

GKコーチ 武田治郎

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/cgk_takeda.jpg

 

www.giravanz.jp

 

続いてはGKコーチ!

武田コーチと言えば就任時の写真(鈴木選手以来二人目)

 

https://www.giravanz.jp/cms/wp-content/uploads/2017/01/53dcecaae93e8ecc5550cc8b51447743.jpg

 

ヒューッ!ダンディー

っていう印象が強すぎましたはい。

 

もちろんそれだけじゃないんです。当たり前か。

選手時代はセレッソ大阪、そしてヴィッセル神戸に在籍。

特にヴィッセル神戸では正GKとして君臨・・・するはずでしたが

ケガにより2001年に引退。

 

その後ヴィッセル神戸において10年に渡り各GKコーチを歴任。

そして2013年から去年まではガイナーレ鳥取でGKコーチを担当。

今年からはギラヴァンツの一員としてGKの指導に当たります。

 

武田コーチはそれぞれのチームでの指導期間が長いのが特徴。

つまり指導が安定しているからこその評価ではないかと思います。

 

そんな武田コーチにはGK力の底上げ、

そして選手のダンディー力も上げてほしいですね!笑

 

 

3.まとめ

ということで今回新たに入団してくれた選手、コーチ陣の紹介が終わりました。

こうやってまとめてみると何個か傾向が見られました。

 

ひとつが「昇格経験のある選手の入団が多い」こと。

長崎と金沢で昇格経験のある水永選手を筆頭にそういった選手が多く入団した

印象があります。

これは昇格経験がある選手にしか分からない昇格争いのプレッシャー、

これを跳ね除ける為の力を得るためにそういった選手を集めたのだと思います。

 

そしてもうひとつ、

「気持ちの強い選手が多く入団した」事です。

これも新入団の紀藤選手や鈴木選手など、主将を経験してきたことで

鍛えらえたハートを持つ選手が多く入団したことでやはりプレッシャーとの

戦いに勝つという思惑が見えてきます。

当たり前ですが、やはり1年でのJ2再昇格を本気で狙っている陣容を目指した

結果がこの新入団選手の顔ぶれなのだと思います。

 

最後に、

「育成力に定評があるコーチ陣」を揃えた印象も強いですね。

V・ファーレン長崎ユースを育てた原田監督・齋藤コーチを筆頭に

ユース時代から育成を担当してきた人材が今年のコーチ陣は多くなっています。

つまり一発の力で上がるのではなく、その後もしっかりと力をつけていくという

ビジョンが今回の陣容から明らかになったのです。

 

そんなチームの成長をこれから見ることができるのは一サポーターとして

とてもうれしいことです。

そんなチームがいよいよ出陣する2017年J3リーグ

最後にはみんなで笑える結末を迎えられるよう、今年も精一杯

応援していきましょう!