ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ゆっくり監督ギラヴァンツPの徒然にっき。

ニコニコ動画で投稿中、【ゆっくり監督はギラヴァンツを有名にしたい】の投稿者が動画作成の裏話から好きな話まで何でも徒然なときに綴ります。

【ギラヴァンツ北九州観戦記】ミクスタ連勝記録の終わり、そして始まり。~6/25 2017年J3第14節VS AC長野パルセイロ戦~

こんにちは!ぎらりょうです。

 

あれ、即日更新どうした?と思われているでしょう。

ちと寝込んでました、はい。(単純に過労?w)

まあ先週にかけて色々あったのでそのツケを返済してたんです。

 

てことで週跨ぎの更新で、ちょっと短いかもしれませんが

AC長野パルセイロとの試合を振り返りましょう。

(´・ω・`)<辛いけど、頑張るよ!

 

1.旧知の選手、早速の得点。

 

今回対戦相手のAC長野パルセイロGM(チームの偉い人)が髭のおじさまこと

去年ギラヴァンツ北九州コーチの美濃部直彦さんということもあり、

GK阿部伸行選手、

f:id:giraryo:20170701111220j:plain

 

MF新井純平選手、

f:id:giraryo:20170701111322j:plain

 

この試合では出場はありませんでしたがDF寺岡真弘選手など、

元ギラ戦士の多いチームとの対戦でした。

懐かしさを覚える一方、やはりそんな相手には負けたくないのが

サポーターとしての思いですね!(恩返しは勝ち点でいいから!笑)

 

そしてびっくりしたのが、相手のスタメンにある「明神」という名前。

んん?聞いたことあるぞ・・・?

でもまさか本人じゃないよねぇ・・・?

f:id:giraryo:20170701111700j:plain

 

ご 本 人 様 で し た 。

強豪、ガンバ大阪で長年中心選手として活躍し、

日本代表時代には当時監督のトルシエ監督から

「3人の個性派に8人の明神がいればチームはできる。」

と言わしめたほどの実力を持つ選手です。

 

そんな選手がスタメンに名を連ねる・・・

f:id:giraryo:20170701112130j:plain

 

加えて長野サポ、こちらも前回のガンバ戦に引き続き多くの方に来てもらいました。

f:id:giraryo:20170701112329j:plain

 

そんなわけで今回もスタジアムはいい雰囲気。

そして血沸く熱い試合になりそうな予感がしつつキックオフ。

 

そしてその瞬間は意外というほど早く訪れました。

ペナルティエリア内に侵入した18番、内藤選手が倒され響く笛の音。

前半開始すぐのPKチャンス到来!

蹴るのはもちろんエース池元選手。

f:id:giraryo:20170701112736j:plain

 

対して守るは昨年の仲間、GK阿部選手。

f:id:giraryo:20170701113028j:plain

 

その勝負は、ゴール左にしっかり流し込んだ池元選手に軍配。

f:id:giraryo:20170701113150j:plain

 

ギラヴァンツ北九州、早々にリードを奪います!

www.youtube.com

 

これまでの勢いそのままに早々と先制点を決める。

この時点でこの後の展開を考え付いた人はいないと思います。

 

しかし、今考えると予兆はあったのかもしれません。

実際攻撃はこの後最後のシュートまで中々持っていけない苦しい展開へ。

f:id:giraryo:20170701114404j:plain

 

そして守備では決定的なピンチが多く、それをGK高橋選手を中心に

跳ね返し続けるという展開に。

f:id:giraryo:20170701114238j:plain

 

その流れのまま前半終了。

経過だけ見れば1点リードで折り返すいい展開。

ですがもっと追加点がほしい、そう思う内容でもありました。

 

 

2.悪夢の3分間

さてそんなちょっぴり重い雰囲気が吹き飛ぶイベントが。

北九州の企業、安川電気さんに所属しているマラソン・中本健太郎選手の

壮行会がハーフタイムに行われましたが、これがすごい。

なんと中本選手がスタジアムを一周しハイタッチ!

f:id:giraryo:20170701115301j:plain

 

オリンピック出場経験もある選手との交流ができるこのスタジアム、

やはり最高だった。(ご満悦)

 

このスタジアムの新たな素晴らしさを見せつけてくれたハーフタイムが終わり、

試合は後半へ。

f:id:giraryo:20170701115452j:plain

 

後半立ち上がり、再びギラヴァンツにビッグチャンス!

相手DFとGKのパス交換でわずかに生じた隙に池元選手が突進!

GKの前でボールに触れ、ボールはそのままゴール方向へ。

し     か     し

ゴールポストに嫌われ、惜しくも得点できず。

逆にこの流れから長野のカウンター。

右サイドを駆け上がられ、ゴール前へ。

GK高橋選手中心に守り続けますが波状攻撃を受けます。

し     か     し

こちらもクロスバーが阻み、何とか得点は許さず、試合続行。

f:id:giraryo:20170701115850j:plain

 

その後は両チーム中々決定機を作れず、時間が過ぎていきます。

そして後半30分。

今日も勝てるな、そう思い始めた時間から悪夢の3分間が訪れます。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

まさに、一瞬の出来事でした。

一失点目はGK高橋選手が防ぎ、二度目もDF陣のブロックで弾きましたが

ついに三度目のチャンスに決められてしまい、同点。

ここまで守り切っていただけにショックが大きくなります。

 

そして二失点目はその後すぐに訪れました。

こちらは一発で確実に決められ、逆転。

 

その時点で時間はもう10分程度。

リードしているときは長く感じるこの時間も、

この試合では本当にあっという間に過ぎ去っていきました。

 

ホイッスルが鳴ると同時に座り込んでしまう選手。

特に二失点目でボールを奪われてしまったDF浦田選手の座り込みに、

こちらも胸が痛くなります。

 

そして負けてしまったということを受け入れなければいけないスタンド。

今まで何度も負け試合を見てきましたが、今回の試合は中々つらい。

f:id:giraryo:20170701120650j:plain

 

それでも、いいことはありました。

敗北したチーム・選手に声援を送るサポーター。

嬉しかったのは試合中でも選手を罵倒するような声が全くなかったことです。

「まだ時間あるぞ!」

「いいぞいいぞいけいけ!」

そんな選手の背中を押す声援でサポートできたのは

とても大きいことではないだろうかと思うのです。

 

どうしても永遠に続くものは中々生まれないもので、

この連勝記録もいつかは終わりがくるのでしょう。

その時にブーイングになるのか

それとも声援で後押しできるのかというのは

とても意味合いが違ってくることだと思います。

 

そんな中訪れた連勝記録の終わり。

それでも声援で後押しを決めたサポーターの存在がある限り、

このチームは大乗だと思います。

 

そして、次のホーム戦からまた新しくミクスタ伝説を作っていこう!

そう思える今回の試合でした。

 

 

でもね、やっぱり悔しいなぁ!!!!!

そんな悔しい思いを浄化してくれる曲を皆さんにシェアします。

www.youtube.com

 

「どうにもならないことばかり 気にしていても始まらない」

 

そうです、負けても次は来るんです!

奇しくもブログ更新日はアウェイでカターレ富山です。

選手たちを信じて、これからも応援していきましょう!

広告を非表示にする